西暦1900年代の偉人

【ロバート・リー・フロスト】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Robert Frost, 1874-1963: Celebrating National Poetry Month With an American Favorite

今回は有名な「ロバート・リー・フロスト」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ロバート・リー・フロスト」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ロバート・リー・フロストとは

ロバート・リー・フロスト(Robert Lee Frost, 1874年3月26日 - 1963年1月29日)はアメリカ合衆国の詩人。作品はニューイングランドの農村生活を題材とし、複雑な社会的テーマや哲学的テーマを対象とするものが多く、大衆的人気も高く広く知られた。生前から表彰されることもしばしばで、ピューリッツァー賞を4度受賞した。1961年にはジョン・F・ケネディアメリカ合衆国大統領就任式で詩を朗読した。

参考:Wikipedia

ロバート・リー・フロストの名言集

仕事とキャリアの違いは、週に40時間働くか60時間働くかの違いである。

希望はあなたが歩む道の先にあるのではなく、その道の途中にあるのだ。 

 

人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ。

あの朝、二つの道は同じように見えた 枯葉の上には足跡一つ見えなかった あっちの道はまたの機会にしよう!でも、道が先へ先へとつながることを知る私は 再び同じ道に戻ってくることはないだろうと思っていた。

馬は死ぬ前に売ってしまうことだ。人生のコツは、損失を次の人に回すことだ。

愛とは、いやおうなしに欲されたいと願う、いやおうなしの欲望である

 

幸福とは長さの不足を高さであがなうもの。

この世界の半分は、言うべきことがあるのにそれができない人で構成され、残りは言うべきことを持たないのに言い続ける人で構成される。 

教育とは、立腹したり自信を喪失したりせずにほとんどすべてのことに耳を傾けられる力のことだ。 

良き書物に末尾なし

黄色い森の中で道が二つに分かれていた 残念だが両方の道を進むわけにはいかない 一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ 一方の道の先をできるだけ遠くまで眺めた その先は折れ、草むらの中に消えている。

私は壁を築く前に尋ねるだろう「なにを壁の中に入れ、なにを追い出そうとしているのか?」と。 

陪審というのは、どちらにすぐれた弁護士がいるか決めるために選ばれた12人で構成されている。

作者に涙がなければ、読者にも涙なし。作者に驚きがなければ、読者にも驚きなし

気持ちに余裕を持って仕事をやれば自由になれる。

あなたたちは存在しないものを探している。それは始まりと終わり、そして新たな始まりだ。そのようなものは存在しない。この世界には途中しかないのだ。 

愛すべきものを愛し、憎むべきものを憎みなさい。この違いを見分けるには、頭が必要になる。 

詩は、喉元の腫物としてはじまる。それはあべこべで、懐郷的な、恋わずらいの感情

自由詩を作るということは、ネットを下げてテニスをやるようなものです。

詩作とは感情が考えを巡らすことであり、その考えが言葉を見つけることである。 

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム