西暦1900年代の偉人

【パール・サイデンストリッカー・バック】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:パール・バックの名言格言14選

今回は有名な「パール・サイデンストリッカー・バック」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「パール・サイデンストリッカー・バック」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

パール・サイデンストリッカー・バックとは

パール・サイデンストリッカー・バック(Pearl Sydenstricker Buck, 1892年6月26日 - 1973年3月6日)は、アメリカの小説家。南長老ミッション派宣教師の両親と中国(中華民国)に渡り、そこで育つ。処女作『東の風・西の風』に続き、1931年に代表作『大地』を発表して1932年にピュリッツァー賞を受賞。『大地』は『息子たち』『分裂せる家』とともに三部作を成す。1938年にノーベル文学賞を受賞した。

参考:Wikipedia

パール・サイデンストリッカー・バックの名言集

あらゆる失敗には、思い出され、おそらく改善もされうるような、中途半端な瞬間、ほんの一瞬というものがある。

あたしの幸福を思ってくださらないのは、あたしを愛していない証拠よ。

行動しなさい。世界的な視野をもって行動するのです。

多くの人が、大きな幸福を願って、小さな幸せを取り逃がす。

男は自分の知っているたった一人の女、つまり自分の妻を通して、女の世界全体をいい加減に判断している

生まれと祖先に関しては私は米国人だが、同情と感覚において私は中国人だ

私は、人間の優しさについてのもの以外に、どんな信仰も必要ないと感じている。私は地球とそこに住む生命の不思議にあまりに注意を奪われているために、天国や天使たちについて考えることができないのだ。

若者は十分な分別がないため、不可能を試みる。そして、どの世代もそれを成し遂げるのである。

自分が無力だと考えないかぎり、人は誰も無力ではない。

人間は、みんな心配があるんだ。おれも、そうくよくよしないで暮そう。

独りで生きようとするものは、人として成功しない。他人の心に応えない人の心は萎れる。自分の考えの反響だけを聞いて、他人からのインスピレーションを見出さないなら、その人の心は萎んでしまう。

感じてもいないことを自分に感じさせることはできない。しかし、感情を置いておいて、正しいことをすることなら可能だ。

すべての大きな過ちにはいつも中間点となる瞬間があるのだ。その過ちを取り消し、あるいは正すことのできる瞬間が

どの国でも、善良な人々が用心と苦闘とをやめると、悪人たちが蔓延ることになる。人で生きようとする者は人として成功することはない。他人の心と通じなければ、心は枯れてしまう。自分の考えだけを聞き、他人からインスピレーションを得ることがなければ、心はしぼんでいくのだ。

一人で生きようとする者は人として成功することはない。他人の心と通じなければ、心は枯れてしまう。自分の考えだけを聞き、他人からインスピレーションを得ることがなければ、心はしぼんでいくのだ。

あんな女に、亭主の面倒が見られるもんですか。美しいだけじゃ、子供は生めないんですよ!

ほんとうに心が傷つくのは、夢を奪われること。

一つ屋根の下に二人以上の女がいると、平和はないものだ。

希望を抱かずにパンを食べるのは、より緩やかに餓死することである。

愛が死ぬのは、愛の成長が止まる、その瞬間である。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム