西暦1800年代の偉人

【ペスタロッチ】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「ペスタロッチ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ペスタロッチ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ペスタロッチとは

ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ(Johann Heinrich Pestalozzi イタリア語: [pes.ta.ˈlɔt.tsi] ドイツ語: [pɛstaˈlɔtsi], 1746年1月12日 - 1827年2月17日)は、スイスの教育実践家、シュタンツ、イベルドン孤児院の学長。フランス革命後の混乱の中で、スイスの片田舎で孤児や貧民の子などの教育に従事し、活躍の舞台として、スイス各地にまたがるノイホーフ、シュタンツ、イフェルドン、ブルクドルフなどが有名である。

彼は基礎的なものから高度なものへという、直観教授、労作教育の思想は、当時のヨーロッパでは高い知名度を持ち、多くの期待を寄せられた。特に当時のドイツからは様々な人物が、教えを乞いに彼のもとを訪れた。

参考:Wikipedia

ペスタロッチの名言集

すべての点で彼はひじょうに立派な進歩を遂げ、自分の成長と、自分の知識と技能とを喜んでいます。彼がどんなに立派になってくれるかを予感してわれわれは心から元気付けられます

すべての点で彼はひじょうに立派な進歩を遂げ、自分の成長と、自分の知識と技能とを喜んでいます。彼がどんなに立派になってくれるかを予感してわれわれは心から元気付けられます

王座の上にあっても、木の葉の屋根の蔭に住まっても同じ人間だ

太陽には太陽の輝きがあり 月には月の そして星々には星々の明るさがある

人を満足させるには大変な学問が必要だが、ワインなら少しで済む

家庭の幸福は、最も良き、最も著しい自然の関係である。

人間を変えようと思うなら、人間を愛さなければならない。

常に神を愛し 神に感謝し 神を信頼し 神に従うところまで 自己を向上する前に まず人間を愛し 人間に感謝し 人間を信頼し 人間に従うところの自己を養わなければならない

生活が陶冶する

人間の最大の勝利とは自己に対する勝利である

公けの罪に対する嫌悪は、自己の父と母とを嘲弄する者に対する子どもとしての感情である。

すべてを他人(ひと)のためにし、己には何ものも求めず

どんなに貧しい、どんなに不良な子どもの中にも、神様より与えられた人間性の力があると信じている。

人間は毎日の労働の中に自身の世界観の基礎を築いていかないといけない

自然の力はたとえそれが抵抗できない強い力で真理へ導くとはいえ、その導きのうちには少しも硬直したところがない。

だらしない人間を教師にしようとすることがどんなに危険であるか

崇高な精神によって立つ人が、畏縮した弱者の立場に甘んじている限り、社会の悲惨を転換することはできない。

だから、未来の人類のために打って出よ。

人間は内的な安らぎを感ずるように陶冶され、彼の境遇と彼が得ることができる楽しみとに満足し、すべての障碍に耐え、顧慮し、父親の愛を信ずるように陶冶されなければならない。これこそ人間の智恵への陶冶である。

すべての己を捨てて、人のためにす。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム