西暦1900年代の偉人

【レイモンド・ソーントン・チャンドラー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:名言+Quotes

今回は有名な「レイモンド・ソーントン・チャンドラー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「レイモンド・ソーントン・チャンドラー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

レイモンド・ソーントン・チャンドラーとは

レイモンド・ソーントン・チャンドラー(Raymond Thornton Chandler, 1888年7月23日 - 1959年3月26日)は、アメリカ合衆国シカゴ生まれの、小説家で脚本家。

44歳のとき大恐慌の影響で石油会社での職を失い、推理小説を書き始め、最初の短編「脅迫者は撃たない(英語版)」は1933年「ブラック・マスク」という有名なパルプ・マガジンに掲載された。死の直前にアメリカ探偵作家クラブ会長に選ばれた。チャンドラーの文体はアメリカ大衆文学に大きな影響を及ぼし、ダシール・ハメットやジェームズ・M・ケインといった他の「ブラック・マスク」誌の作家と共にハードボイルド探偵小説を生み出したとされている。長編小説の一部は文学作品として重要とされており、特に『大いなる眠り』(1939)、『さらば愛しき女よ』(1940)、『長いお別れ』(1953) の3作品は傑作とされることが多い。

参考:Wikipedia

レイモンド・ソーントン・チャンドラーの名言集

撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ。

アルコールは恋に似ている。最初のキスは魔法のようだ。二度目で心を通わせる。そして三度目は決まりごとになる。あとはただ相手の服を脱がせるだけだ。

離婚もきついのは最初の一回だけだ。二回目からは 単なる財政的な問題に過ぎなくなるし 君にとっちゃ そんなもの痛くも痒くもない

男はみんな同じね。女だってそうさ。最初の九人の後はね。

ギムレットには早すぎる。

でかい金はすなわちでかい権力であり、でかい権力は必ず濫用される。それがシステムというものだ

チェスと広告業は、いずれも同じくらい手の込んだ、人間の知性の無駄遣いだ。

法律は正義ではない。法律はきわめて不完全なシステムである。あなたがいくつかの正しいボタンを押し、そして運が良ければ、正義が正しい答えとして現れるかもしれない。法律というものが本来目指しているのは、メカニズム以上の何ものでもないんだ。

警官とさよならを言う方法はまだ発明されていない

良き物語はひねり出すものではない。蒸留により生み出されるものだ。

死んだあと、どこへ埋められようと、本人の知ったことではない。きたない溜桶の中だろうと、高い丘の上の大理石の塔の中だろうと、当人は気づかない。君は死んでしまった。大いなる眠りをむさぼっているのだ。

「そのヘミングウェイというのは、どういう人間なんだ?」「同じことを何度もくりかえしていうんで、しまいには誰でもそれをいいことと信じちまう男だよ。」

女にとって、善良な女にとってさえも、自分の肉体の誘惑に抵抗できる男がいると悟ることは、とても辛いことだ。

朝はタイプライターに吐き出し、昼はそれを掃除せよ。

私はランドールが好きになってきた。彼のチョッキのうしろにあるのはシャツだけではなかった。

静かなバーでの最初の静かな一杯。こんなすばらしい一杯はない。

30フィート離れたところからはなかなかの女に見えた。10フィート離れたところでは、30フィート離れて見るべき女だった。

私は酒が必要だった。多額の生命保険が必要だった。休暇が必要だった。田舎の別荘が必要だった。しかし、私にあるものは、上衣と帽子とピストルだけだった。私はその三つをからだにつけて、部屋を出た。

さよならをいうのは、少し死ぬことだ。

女だって人間なんだ。汗もかくし、醜くもなるし、便所へも行かなければならないんだ。いったい、君は何を期待してるんだ。ばら色の霧の中に飛んでいる金色の蝶々か。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム