西暦1900年代の偉人

【サー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイル】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:BUSHOO!JAPAN WORLD

今回は有名な「サー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイル」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「サー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

サー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイルとは

サー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイル(Sir Arthur Ignatius Conan Doyle, 1859年5月22日 – 1930年7月7日)は、イギリスの作家、医師、政治活動家。

推理小説・歴史小説・SF小説などを多数著した。『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者として知られる。SF分野では『失われた世界』『毒ガス帯』などチャレンジャー教授が活躍する作品群を、また歴史小説でも『ホワイト・カンパニー(英語版)』やジェラール准将(英語版)シリーズなどを著している。

さまざまな分野の執筆を行ったが、推理小説シャーロック・ホームズシリーズの名声がもっとも高く、この作品を通じて後世の推理物のさまざまな原型を築いた。政治思想面では、中世騎士道を基礎として、国家主義、帝国主義、反共主義、婦人参政権反対、離婚法改正賛成などの立場をとった。クリケットをはじめとしてさまざまなスポーツに打ち込むスポーツマンでもあった。1902年にナイトに叙せられ、「サー」の称号を得た。

参考:Wikipedia

サー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイルの名言集

見るべき場所を見ないから、それで大切なものを全て見落とすのさ。

暴力を用いれば、畢竟(ひっきょう)、それがおのれにはねかえってくる。他人のために穴を掘るものは、自らその墓穴に落ちる。因果応報さ。

あなたには、事件は単純なものと見える。ぼくにはそれがきわめて複雑なものと見える。

人は自分たちの理解できないことを軽蔑する。

いまはクリスマス──ひとを許す季節だ。ひょんなことから、すこぶる珍しくて風変わりな事件が、ぼくらの手にころがりこんできた。

正義が行われるようにするのは、万人の義務だからね。

物語の知られざる側面を明かすとき、崇高な道徳心が最高の知恵であることに気付くであろう。

だから、その解決それ自体がひとつの報酬なのさ。

運命はきみに味方しないようだな、ワトスン。

全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる。

たしかになにもないと見えるかもしれない。それでもやはり、きわめて重要なんだ。

そちらがぼくをごまかそうとなさっているかぎり、こちらもご相談に応じるわけにはいきまんね。アドバイスなら、こう言っておきましょう──真実をお話になることです、と。

明白な事実ほど、誤られやすいものはないよ。

問題があなたや警察の当初考えたのよりも、はるかに底の深いものであると、まだお気づきにならないのはなぜでしょう。

探偵術というものが、安楽椅子にかけたまま推理を働かすことで始まり、かつ終わるものであるのなら、それなら兄は古今に比類ない大探偵になっていただろう。

実生活こそ、いかなる想像力の産物にもまして思いきった、何がおこるか底知れぬ不思議なものである。

経験を得たさ。間接的ながら、それがいずれ役に立ってくれるときがくる。今回の経験を言葉にして語るだけで、これから先一生、座談に長けたひととして評判を得られるだろうからね。

まあね。すでにこれだけの事実が判明してるんだから、残りがつきとめられなければ、むしろ不思議なくらいさ。

偉大なる精神に小事なし

これはどうも、あまりありがたくない社交的なご招待と見たね。そういう場所に出ると、退屈させられるか、心にもない嘘を強いられるかするだけなんだ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム