西暦1900年代の偉人

【ウイリアム・オスラー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:EPILOGI

今回は有名な「ウイリアム・オスラー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ウイリアム・オスラー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウイリアム・オスラーとは

ウイリアム・オスラー(William Osler, 1849年7月12日 - 1919年12月29日)は、カナダ、オンタリオ州生まれの医学者、内科医。イギリス、オクスフォードにて70歳で死去。

ジョンズ・ホプキンス病院の「ビッグ・フォー」と呼ばれた医師たち、 ウェルチ、 ハルステッド 、オスラー、ケリー(by John Singer Sargent)
オスラーは初め、トロント大学で聖職者を目指したが、のちに自然科学に対して強い関心を抱くようになり、医学へ転向した。トロント大学医学部に入学後マギル大学医学部に転学し、卒業後、英国・ドイツ・オーストリアなどへの留学中にきわめて広範な研究を行い、後の経歴の基礎を築いた。マギル大学、ペンシルベニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学、オックスフォード大学の教授を務め、カナダ、米国、英国の医学の発展に多大な貢献をした。また、医学教育にも熱意を傾け、今日の医学教育の基礎を築いた。1898年王立協会フェロー選出。

参考:Wikipedia

ウイリアム・オスラーの名言集

諸君の仕事のゆうに3分の1は、専門書以外の範疇に入るものである。

趣味の馬を乗りこなせる限り、何の趣味でもかまわない。

医学は科学に基づいた技術である

医療は経験であり、取引ではない。

精力減退、心痛、神経衰弱は、未来のことを気づかう人に歩調を合わせながら、ついてまわる。

愚か者たちを不名誉な死へと導いた昨日など、閉め出すべきです。

たいていの人は、剣によるよりも、飲みすぎ、食いすぎによって殺される

部分を治療するのではなく、全体を治療することが必要である。

われわれの大事な仕事は、遠くの方にかすかにあるものを見ようとすることではなく、手元に明らかに存在するものを行うことである

何か一つ趣味を持たない限り人間は真の幸福も安心も得られない。趣味はその人の人生を素晴らしいものに変化させてくれる。

人間は薬をほしがる動物だ

昨日の重みに加えて明日の分まで今日背負うとしたらどんなに強い人でもつまづいてしまう。

穏やかな平静の心を得るために、第一に必要なものは、諸君の周囲の人たちに多くを期待しないことである

多くの女性が、すこぶる如才のないのは最高の恵みである。他の富を残らず身につけている女性が、如才のなさにかけている場合には禍いが起こる

未来とは今日のことです。明日など存在しないのです。人間救済の日は今日をおいてありません。

「今日一日の枠の中で生きる」習慣を身につけるように心がけるべきでしょう

闘い抜く価値のあるもので障害のないものがこの世にありうるだろうか。

過去と縁を切ることです。息絶えた過去など、死者の手にゆだねましょう。

医学ほど教養の大切な職業はない。臨床医学ほど教養を必要とするものはない

あなたが観察し学ばなければならないことは、自分の目で見、聞き、そして心で感じること

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム