西暦1900年代の偉人

【レイモンド・ソーントン・チャンドラー】の名言集|名言まとめドットコム

ライムかレモンのジュースをジンとまぜて、砂糖とビターを入れれば、ギムレットができると思っている。ほんとのギムレットはジンとローズのライム・ジュースを半分ずつ、ほかには何も入れないんだ。マルティニなんかとてもかなわない

悪いウイスキーというものは存在しない。ただ他のウイスキーよりも味の劣るウイスキーがあるだけだ。

警察の仕事にはいろいろと問題がある。政治によく似ているよ。人格識見、申し分のない人間を必要とする仕事なんだが、そういう人間を魅きつけるものが何もない。だから、手持ちの駒を動かして仕事をしなけりゃならないんで、こんなことが起きるんだ

たしかに金髪だった。牧師が教会の窓に穴をあけて飛びだしそうな金髪だった。

飲むのなら自尊心を忘れないようにして飲みたまえ。

私は 酒を飲みません。酒を飲む人の姿を見るたびに 酒を飲まなくてよかったと 痛感させられる

僕はシャーロック・ホームズでもファイロ・ヴァンスでもない。警察がすっかりさらった現場へいき、こわれたペンかなんかを拾い、それから事件を組み立てる、なんて器用なまねはできません

本当に優れた探偵は、決して結婚しない。

死んだ人間に罪を負わせるほど 楽なことはない。死人は何ひとつ反論しないからだ。

100人のうち二人には 結婚は素晴らしいものだろう

まとめ

今回は「レイモンド・ソーントン・チャンドラー」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「レイモンド・ソーントン・チャンドラー」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム