西暦1900年代の偉人

【マーク・トウェイン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:作家「マーク・トウェイン」の言葉

今回は有名な「マーク・トウェイン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「マーク・トウェイン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

マーク・トウェインとは

マーク・トウェイン(Mark Twain, 1835年11月30日 - 1910年4月21日)、本名サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)は、アメリカ合衆国の著作家、小説家。ミズーリ州出身。『トム・ソーヤーの冒険』の著者として知られ、数多くの小説やエッセーを発表、世界中で講演活動を行うなど、当時最も人気のある著名人であった。

ウィリアム・フォークナーは、トウェインが「最初の真のアメリカ人作家であり、我々の全ては彼の相続人である」と記した。世界初の実用タイプライターであるショールズ・アンド・グリデン・タイプライターを最初に購入した1人であり、これを "curiosity breeding little joker" と名付けた。切手と同様な糊を使用し、濡らすだけで貼り付けのできるスクラップブックの特許を1873年に取得した。これはトウェインに利益をもたらした唯一の発明とされている。

参考:Wikipedia

マーク・トウェインの名言集

人生で必要なものは無知と自信だけだ。これだけで成功は間違いない。

自分が多数派の側にいると気づいたら、もう意見を変えてもいいころだ。

怒りを感じたら、4つ数えろ。怒りが頂点に達したら、罵れ。

人類は一つのとても効果的な武器をもっている。それは笑いだ。

カエルを二匹飲み込まねばいけないときは、大きい方から飲み込むこと。それと、あまり長いあいだ見つめないことだ。

難しいのは友のために死ぬことではない。命をかけるだけの価値がある友を見つけることが難しいのだ。

正しい友人というものは、あなたが間違っているときに味方してくれる者のこと。正しいときには誰だって味方をしてくれるのだから。

やったことは、例え失敗しても、20年後には、笑い話にできる。しかし、やらなかったことは、20年後には、後悔するだけだ。

良書を読まない者は、良書を読む能力のない者と少しも変わるところがない。

優しさとは、耳の聞こえない者も聞くことができ、目の見えない者も見ることができる言葉なんだ。

名声は霧、人気は偶然の出来事。この世でただ一つ確実なもの、それは忘却。

許しとは、踏みにじられたスミレの花が、自分を踏みにじったかかとに放つ香りである。

夢を捨ててはいけない。夢がなくても、この世にとどまることはできる。しかし、そんな君はもう生きることをやめてしまったのだ。

勝者と敗者を分けるのは、一日5分間、考えるかどうかで決まる。

我々が皆同じ考え方をしたからといって、それが一番いいということにはならない。競馬だって、意見の違いがあるからこそ成り立つのだ。

真実をしゃべるなら、何も覚えておかなくていい。

私は即座に答えることができて満足した。私は知らない、と言ったのだ。

死んだら葬儀屋も悲しんでくれるくらいに一生懸命生きよう。

もし腹をすかせた犬を拾って不自由なく暮らせるようにしてやれば、噛んだりしないものだ。これが犬と人間の根本的な違いである。

人をほめたら同時にものを頼んではいけない。ほめ言葉は無料でなければ価値がない。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム