西暦1900年代の偉人

【ジャン コクトー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:映画.com

今回は有名な「ジャン コクトー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジャン コクトー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジャン コクトーとは

ジャン・モリス・ウジェーヌ・クレマン・コクトー (Jean Maurice Eugène Clément Cocteau フランス語: [ʒɑ̃ moʁis øʒɛn klemɑ̃ kɔkto], 1889年7月5日 - 1963年10月11日) は、フランスの芸術家。詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、画家、映画監督、脚本家としての活動も行っており、その多彩さから「芸術のデパート」とまで呼ばれた。自身は中でも詩人と呼ばれることを望んだという。

ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。

参考:Wikipedia

ジャン コクトーの名言集

私の誕生の日から、死がその歩みを始めている。急ぐこともなく、死は私に向かって歩いている

手には、物を掴む手と放す手がある

侮辱に悪影響を受けるのは、侮辱に感染しているのだ。

鉛筆や紙と同等の費用で映画が創れたときにのみ、映画は芸術作品となるだろう。

生き方の基準は、正しいか正しくないかではなく、美しいか否かである。

詩人にとって最大の悲劇は、誤解によって賞嘆されることだ。

人生は、水平方向に落ちていくことである

愛することは、愛されること

先に見出し、後に捜し求めよ。

ユーモアを失わないように戦うのだ。ユーモアの欠如は愚の骨頂だ。

人間は、毎日生まれ変わる。

スタイルとは、複雑なことを表現するための簡単な方法だ。

(「死んだら地獄と極楽のとちらに行きたいか?」と意地悪な記者に聞かれて)どっちでもいいさ。そのどちらにも会いたい友人がいるのでね

若いとき旅をしなければ、老いてからの物語がない。

大胆のコツは、度が過ぎない程度にどこまで遠くへ行けるかを知ることである。

著者の死後、彼の日記を読むことは、彼からの長い手紙を受け取るようなものだ

文学の偉大なる傑作とは、使えない辞書のようなものである。

詩人はつねに真実を語る嘘つきである。

運命は人がその糸をもつれさせるのを好まない。

芸術に従って芸術を作ってはならぬ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム