芸能人・タレント

【大東 駿介】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:大東駿介 マネージャー【公式】

今回は有名な「大東 駿介」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「大東 駿介」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

大東 駿介とは

大東 駿介(だいとう しゅんすけ)日本・大阪府堺市出身 生年月日 1986年3月13日
日本の俳優、タレント、ファッションモデル。
大阪府立堺工業高等学校卒業。
2005年にPIZZA-LA Presents・トップコート杯「Try to Top 2005」でグランプリ・ミコット・エンド・バサラ賞・FINE BOYS賞を受賞。以後、『FINEBOYS』(日之出出版)の専属モデルとして活躍。俳優として、2005年に日本テレビ『野ブタ。をプロデュース』でデビュー。以後、TBS『おいしいプロポーズ』などのテレビドラマや映画『リアル鬼ごっこ』などに出演した。
中学時代は陸上部に在籍し、短距離走の選手だった。
芸能界には昔から興味があったが、高校3年生の進路相談の時に、これではいけないと思って「上京します」と宣言。上京後は従兄と一時同居した。役者を志してオーディションを受けた[6]。
大東のファンクラブのイベントのMCを務めることが多い永島知洋は、旧ファンクラブ「Let's」からの付き合いで、私生活でも交友がある。同じ事務所の武田航平は、2人が前事務所に在籍していた時から仲が良い。

参考:Wikipedia

大東 駿介の名言集

ゾンビってそもそもいないものだから、ゾンビのルールは作品ごとに作っても良いと思う

ドラマの中の真実を作るため、実は以外と考えて演じています

ゾンビはただいるだけじゃない、ゾンビの心情表現っていうのもあるんですよ

(蒸発した自身の父親が)見つかったという連絡があっても「会うもんか」と意地を張って再会せず、30歳手前になって「やっぱり会おう」と思った時に亡くなっていたことを知った。

監督からは、とにかく救いであってほしいと繰り返し言われていました。久しぶりに再会した友に対して、かつてのように、ただあの時のように接してほしいと。これは自分でも意識しました。

孤独に潰されそうなのは立ち止まっているからなので、だったら今、どう進むべきか常に前を見ていくしかない時代なのかな、と思いますね。

仕事もプライベートも、基本的にはいつでも楽しいなって思っているんですよ。最近は特にそうですね

プラベートでの趣味や遊びから派生した興味や好奇心が、結果的に仕事の肥やしになるっていうことが増えました

奇抜なものが嫌いになったわけじゃないですが、昔ほどは着ないですね。最近は適度に余裕のある、リラックス感のあるスタイルが多いです

映画『37Seconds』のことなんですけど。HIKARI監督とは、仕事の先輩が主催した飲み会で知り合ったんです。

撮影を通して障がいについて理解することで、当たり前に助け合える頭になったし、障がい者、健常者という思考的境界線がなくなりました。

僕自身が気になる人に取材をするというもので、個人の抱くコンプレックスや社会との隔たりみたいなものが、ポジティブな物事に変換できないかということをコンセプトにやっています。

キャンプファイヤー! 小学生の頃、丸太を組んでやったあれですね。ひとりじゃできないことなので憧れが強いです。

大阪万博が大好きなんです。万博公園はもちろん、関連するグッズも集めていますし、岡本太郎さんの書籍も読んでいます。

その未来への想像をそのまま物や形にしていたような時代だった気がして、そういう部分が素敵だなあって。僕にとってその象徴が「太陽の塔」なんです。

その未来への想像をそのまま物や形にしていたような時代だった気がして、そういう部分が素敵だなあって。僕にとってその象徴が「太陽の塔」なんです。

小学校3年生ぐらいのときかな、父親がいなくなって。母親の井戸端会議で、両親が離婚していたことを知り、親戚からは父親は失踪したのだと聞きました。

今度は母親があまり家に帰ってこなくなりました。家はもともと自営業で、クリーニング屋さんをやっていたのですが、店も休みがちになって。

うちの店に落ちている小銭やレジのお金を集めて、コンビニでお菓子を買うことで、何とか食いつないでいました。

まずお昼に食べるお弁当がない。食べていないことをばれないようにしながら、学校にも行っていたんですけど、限界が来て。学校に行かなくなった頃に、家のライフラインが止まり始めました。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム