芸能人・タレント

【松田 翔太】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:office saku

今回は有名な「松田 翔太」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「松田 翔太」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

松田 翔太とは

1985年9月10日、俳優の松田優作と女優の松田美由紀の次男として生まれる。日本の俳優。
2005年、スペシャルドラマ『ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢』で俳優デビュー。同年、少女漫画原作のドラマ『花より男子』の西門総二郎役で人気を得る。2006年には映画『陽気なギャングが地球を回す』で映画デビュー。
2007年、ドラマ『LIAR GAME』で連続ドラマで初主演して注目を集め、同年映画『ワルボロ』で映画初主演。
2008年、『篤姫』で14代将軍徳川家茂役でNHK大河ドラマ初出演。2009年、『名探偵の掟』に主演で出演。
2014年2月14日、所属事務所を同年2月21日付で研音から母の松田美由紀が代表取締役を務めるオフィス作に移籍することが両事務所から発表された。
2015年、CM総合研究所が発表した「2014年度CM好感度ランキング」の男性部門で第1位を獲得。
2018年4月25日、モデルの秋元梢と結婚したことを発表。

参考:Wikipedia

松田 翔太の名言集

日々いろいろなストレスや不安なことがあるわけですが、自分自身がそう受け止めなければ楽しいことにも変わる。

「壊しても壊しても抜け出せない」気持ちって誰にでもあって、だからこそ、意識が変わって、殻を破った瞬間にとても明るい気持ちになる。

これは好き、これはイヤだと自分の言葉でたしかに言えるようになりたいんです。そうじゃないとウソつきなおとなになってしまうから。

生活感のある女性の方が魅力を感じますし、一緒にいて落ち着く方がいい。

僕は、一生英語は喋れないものだと思ってたんだよね。でも、やろうと思った瞬間から出来た。それは自分の意識を変えたから。自分の意識を変える事が世界を変えていく。

男は野生的で動物的で もっとシンプル。 それに対して女性は神秘的。 やわらかいしあったかいし、 くすぐったくなっちゃうんだよね。

自由を求めて、常に自分自身の感覚から逃げようとしている。

何事も「こうだ」と決めつけないように気をつけています。

映画制作の魅力は、「現実を壊せる」という点。それがとても刺激的で、日常生活では得られない面白さだと思う。

「若者が映画館に行かなくなった」なんて言われますけれども、気軽な気持ちで映画館に行くことを、もっと普通の出来事として感じてほしい。

僕が週1の飲みを我慢して、彼女には週1でエステに行ってほしい。

人が休んでる間にたくさん考えて、下剋上してやりたいんだよね

実際、演じてるときは無意識で、それは例えるなら25メートルのプールをクロールで泳いでいるときのようであり、サッカーの試合の途中のようで、車を運転しているときのような感覚。

自分に浸れる瞬間が男のロマンじゃないですかね。だから、強さもロマンだと思う。勇気を持てたとき、自信が持てたとき、あと、意識せずに人に優しくできたとき。

今日は梢の仕事場に来ちゃった、という感じですね(笑)。

梢は瞬発力があるな、と。

「今日の撮影は楽しかった」と報告することはあっても、仕事の話はあんまりしないです。

俳優業は正解がわかんないんですよね。考え方次第なところがあるし。撮影中と終わった後の気分も全然違うし。

彼女は普段すごく柔らかい人柄なのに、仕事では自分が決めたイメージに行きがち。彼女の作品を見て、もうちょっといいところがあるのにな、と思っていたんです。

かっこいい姿も素敵なんだけど、だんだん変わってきた。彼女の努力の賜物だと思います。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム