芸能人・タレント

【高橋 一生】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:舞プロモーション

今回は有名な「高橋 一生」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「高橋 一生」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

高橋 一生とは

1980年12月9日生まれ。日本の俳優。
1990年の映画『ほしをつぐもの』で映画初出演。
1999年に堀越高等学校を卒業。クラスメイトにV6の岡田准一、女優・タレントの新山千春、女優・スタイリストの野波麻帆がいる。
2015年のテレビドラマ『民王』で貝原茂平役を演じ、第1回コンフィデンスアワード・ドラマ賞と第86回ザテレビジョンドラマアカデミー賞でそれぞれ助演男優賞を受賞。
2017年にはテレビドラマ『カルテット』に出演し、それによって第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞の助演男優賞を受賞、さらに同賞の年間大賞においても助演男優賞を受賞するなど、年間を通した役者活動も高い評価を受けた。
2018年10月期から2019年4月期の間、3期連続で連続ドラマの主演を務めた(『僕らは奇跡でできている』、『みかづき』、『東京独身男子』)。『東京独身男子』(2019年4月 - 6月、テレビ朝日)では、主演を務めるだけでなく主題歌も担当し、これが正式な歌手デビュー作となった。

参考:Wikipedia

高橋 一生の名言集

これまでの人生で得たものを役に与え、そのフィードバックが僕の人格のひとつとなり、さらに役に注がれる。そのサイクルなんです。

僕は役の後ろに隠れたくて、むしろそのために演技を使うこともある。

見栄という概念自体が僕にとっては背伸びという感覚ではないんです。気持ちのいい服を着た時って自ずと見栄が切れている。

僕にとって見栄というのはストレスではなく、心地よさ。見ている人もやっぱり格好いいと思うはずで、それがすごく大事だと思います。

俳優としてお芝居をさせていただいてきた中で、「あ、今が最高だ」って思う瞬間がこの現場(大河ドラマ)で何度もあったんです。決してネガティブに捉えていただきたくないのですが、もう死んでもいいと思う瞬間が。

5年で10軒ぐらい引っ越しをした経験があって(笑)。住んでみて「何か違うな」って感じたら、住んでいる場所もけっこう移動します。もともと馴染みのある場所から離れたいという気持ちもあって、引っ越すときには、区を変えたりして。

お芝居というのは、せりふの応酬ではないと思っています。僕が一番大事にしているのは、言葉の間(ま)や呼吸。

僕の理想とする芝居は何もしないことです。ただいるだけで何が語れるか。言葉や行動などいろいろなものを省いていった時、どうやったら本当に伝えたいことを届けられるのか。

手放したところから、どれだけ自分が持っていた感触というものが、血肉になるかという。

プロというか、夢というものは、ある時から自分のご飯を食べていくものになっていく。

寄り添おうと思って寄り添ってしまうと、いろんな感情がどうしても生まれてきてしまう。結果的に寄り添ったということって大事で、何が大事かというと、個人であることだと僕も思います。

これがあの出汁か

Mじゃない方のやつです

あーニオイあんだろうな。ニオイあんだろうな。うわーすげえな。

シー・ラブズ・ユー。それって…?

それは考えるけど選ぶなよ

どれって言うなよ。いちばん男前のやつだよ。

ニンジンだったかー

ハムカツかと思ったら玉ねぎかよ!

ハンバーガーを窓に向かって投げつけろ

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム