芸能人・タレント

【福士 蒼汰】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:fukushi_sota_official

今回は有名な「福士 蒼汰」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「福士 蒼汰」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

福士 蒼汰とは

1993年5月30日生まれ、東京都出身。日本の俳優。
友人の付き添いで初めて渋谷に行った際、声をかけられて撮影された写真が雑誌に掲載される。2010年にその写真を見た研音の担当者にスカウトされ、同年9月から研音に所属する。
2011年1月、『美咲ナンバーワン!!』(日本テレビ)にて俳優デビュー。同年9月より『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日)の主人公・如月弦太朗役でテレビドラマ初主演、放送開始前の8月に公開された『劇場版 仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル』で映画初出演、12月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX』で映画初主演を務める。
オリコン調べによる「2013年上半期ブレイク俳優ランキング」で1位、「2014年ブレイク俳優ランキング」で第1位にランクイン。
2015年7月期の『恋仲』でフジテレビ「月9」初主演。

参考:Wikipedia

福士 蒼汰の名言集

目標を明確にすることです。そして、その目標が今の場所で叶うものなのか見極めていくことが大事だと思います。

好奇心でしょうか。何かを始めるということに関しては、自分が好きで、好奇心を抱いているものだけをみて、他は何も見ずにまっすぐに突き進んでいくことが大事かなと思います。

『夢は?』って聞かれて答えられない方とか、『何のために今この仕事やってるんだろ』とか考える方も多いと思うんですけれど、自分はなぜ今ここにいるのかはっきりさせて、その上で何をすべきか考えるんです。

“やりたいことがあるけどでもこの仕事があるからできない”ではなくて、この仕事を楽しみに変えちゃうんです。

やりたいことに突っ走る。それができる環境にいられるのは幸福なことかもしれませんが、これこそ挑戦。やりたいことのために、今の環境を捨ててみるということも。

そこにいるこの瞬間を楽しめる自分になって、その環境を受け入れる。

生きている時間に意味を持たせることのが一番いいのかなと思います。なんとなく生きる時間もいいのですが、やっぱり今、この時間が自分にとってどういう意味があるんだろうと考えると、今の行動とか、今後どう過ごすとかが変わってくるのかなと思います。

学校と仕事をどう両立すべきなのか迷って、責任感も持てず訳がわからなくなってしまって。

役を通して、いろいろな人間と出会えて、いろいろな世界を知ることができる。事実、この仕事をしていなかったら、これほどのいろいろな出逢いがなかったと思う。

言葉がなくても伝わるところ。何を考えているか、何も言わなくても分かってくれるときに家族の絆を感じます。無償の愛を注いでくれているなと感じたときもです。

『お迎えデス。』のキャストがいれば地球にどんな敵が来てもだいたいは守れそうな気がします

1人1人が力を合わせて大きな力にしていきましょう

5分だけ。エイプリルフールを終えて。紫髪、嘘でした。すみませんまたここに残します

GUのフクヒサヒサビサビサ

いじめられるほど弱くもない

こんなところで申し訳ないんだけれど、チューしていい?

とても温かく可笑しく優しく包み込んでくれる作品です

なんにも言わないと本気チューしちゃうぞ

パリの思い出。ルーブル美術館とベルサイユ宮殿に行ったよ。大きかったなぁ

ブルーな気持ちはネイビーが解決します。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム