芸能人・タレント

【杉浦 太陽】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:sugiurataiyou_official

今回は有名な「杉浦 太陽」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「杉浦 太陽」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

杉浦 太陽とは

1981年3月10日、岡山県出生、大阪府寝屋川市出身。日本の俳優、タレントである。妻は歌手、タレントの辻希美。
1998年のテレビ朝日系ドラマ『おそるべしっっ!!!音無可憐さん』でデビュー。
2001年には毎日放送・TBS系ドラマ『ウルトラマンコスモス』で主演を務める。TVシリーズの2年後を描いた2002年公開の『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』では映画初主演を務め、2003年には『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE』が公開される。
デビュー当時は読みも本名そのままで芸能活動していたが、2002年の誤認逮捕事件をきっかけに「たいよう」と改名し、杉浦タカオ(旧芸名:杉浦太雄)と兄弟でEx.Bold(エクスボールド)を結成。音楽活動を開始したが、2005年に活動休止。

参考:Wikipedia

杉浦 太陽の名言集

沢山のかすみ草の中に、バラが一輪。かすみ草の花言葉は「誠実な心」「清い心」。バラは、「情熱」「愛情」「あなただけを見ています」の意味の花束を。妻に愛を込めて……

授乳中は聖母に見える。

まだ25歳で3人産んでくれたんですよ!まだ25ですよ!

1人産むたびに母性が増していってる。「夜中の授乳も苦じゃない」なんて、そんな言葉が妻から出るようになるなんて。

妻が栄誉ある賞をいただけて本当に嬉しい気持ちとともに、いつも精一杯やってくれている妻に感謝の気持ちでいっぱいです。

奥さんが妊娠してからですね。助けてあげたいって思ったんですよ。お腹が大きい奥さんが皿洗いとかしてて自分がゴロゴロしてるのは違うかなって。

うちは育児というか、まず奥さんありきですね。だから、イクメンというよりもオクメンですね。まず奥さんです。

妊婦さんって結構精神的に不安定になることが多いので、男性がきちんとケアしてあげることが大事ですかね。でも、愛があれば何でも乗り越えられるので大丈夫ですよ!

『プライドは家に入る前に捨てる』まだまだ尽きない「杉浦太陽語録」! 旦那さんとしても、1人の男性としても素敵な杉浦太陽さん。これからも幸せな家庭を築いていってほしいですね。今後もぜひ注目してみてください!

悔し涙は心の排泄物である

仲良くしたいからといって「なんでもどこでも一緒」というのは無理がある

嫁が炎上しても、いつでも傘差してるよ

(夫婦円満の秘訣は?)互いに思いやる事ではないでしょうか。そして、感謝「ありがとう」を忘れないと言う事ではないかと思います

(奥様の好きなところは?)何に対しても一生懸命なところ

子育てを卒業したら二人(妻と)で全国を旅したい

形から入るって、大事なんですよ

倦怠期はありました。結婚3年目ぐらいだったかな

プライドを出すのは外での仕事だけにして、家では喧嘩しない

旦那さんの妥協は必要

お母さんの笑顔が無いと、子どもたちの笑顔まで辿り着けない

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム