海外の芸能人・タレント

【シャーリーズ セロン】の名言集|名言まとめドットコム

初めて養子縁組の申請を出した時に、私が小さい頃に書いた手紙を母から見せてもらいました。当時、弟や妹が欲しかった私は、孤児院を訪れてみないかと母に提案していたんです。(シャーリーズが当時住んでいた)南アフリカでは孤児院が至るところにあって、私は当時から、身寄りのない子どもたちがこの世にたくさんいることを実感していました

養子縁組というのは、とてもパーソナルなことだと思います。私が心から信頼し、愛している人々の中にも、血縁のない子どもを育てることに抵抗感のある人はいます。私は彼らの考え方も尊重しているんです。ただ私自身のことでいえば、血縁の子でも養子縁組の子でも同じように愛し育てられると確信していました。私にとって養子縁組はいつでも最善の方法でしたし、それはパートナーがいる時も変わりませんでした

私の20代は、自分自身を育む時間だった。世界を知って、悪いこともしてみて、バックパックを背負って何カ月間かトルコを旅したことだってある。だから(30代半ばで)子どもを受け入れる時には、しっかり受け入れ態勢ができていたんです

一度子ども持ったら、子どもありきの自分になるんです。それ以外の自分なんてありえません。最初の子どもを持った時、それから2年間は“ザ・お母さん”でした。カラダもスイッチオフ状態で、デートをしたいなんて思いすらしなかったんです。(いつかは子どもたちにパートナーを紹介したいけれど)それまでにはすごく長い時間がかかると思いますね

(Instagramなどで)産後2時間で最もビキニを着こなしたママは誰!? といったような状況が起きているのが、すごく嫌です。フィルターをかけたら、どんな日常だって可愛らしく映るものでしょ。だから、私がSNSを使うときは、違う角度からの日常の一コマを載せるようにしているんです

我が家には2匹の子犬がいます。飼育が大変だけど、子どもたちはとても幸せそう。自分たちそれぞれの子犬がいるからね。それに(子犬と一緒に育つことは)子どもたちが思いやりや責任を学ぶ良い機会だと思うんです。二人は子犬たちにすごく手をかけているから、きっと良い人間に育つと思うわ

シングルマザーになるにあたって、私の母親の手助けが不可欠だということは分かっていました。母とは共同で子育てをしているといっても過言ではありませんね。母も『おばあちゃんとして孫を育てるのは私の使命』なんて言ってくれてるんですよ。母がいてくれて本当に助かります。誰か共に奮闘してくれる人がいなかったら、とても孤独だったと思います

子育てについてのアドバイスは、母から受けたものがとても役立っています。『明日があるし、これがこの世の終わりでもないし』というものなんですけど。子どもとロードトリップに行くとかで車に乗っている時なんかに、気が狂いそうになる時があるんですよ。そんな私を見て、母は笑い飛ばすんです。そして『今だけだから。すぐに過ぎることだから』って言ってくれます

今までの映画からの経験を話すと、共演者と物凄く気が合って、多少なりとも恋愛的な感情が芽生えると現場はとびきりセクシーでロマンティックになるものの、いざ映画になって完成作を見ると退屈で、なんの新鮮味も感じられないものになってしまうことが多いのよ。

あまりにも現実で討論の渦中なのと、自分の政治的見解については公開したくないので今は話せないわ。もちろん私なりに理想の政治家のイメージがあって、それは自由平等、世界平和、環境問題、企業との兼ね合い、などなどを巧みに操る、できれば女性の代表が現れてほしい、それをこの映画で表現してみたかったのね。

実は全く無いのよ。まだ自分の子供を持つ前に友人の赤ちゃんをしばらく預かってほしいと頼まれて、何といっても何事にも挑戦心を持つ私だから、この間にこの子になにか新しい技を覚え込ませて親をびっくりさせてやろうと〝言葉〞を教えようと思ってね。

脚本が送られてきたの。私がメーガン・ケリーを演じたらいいんじゃないかと言ってきた。すぐに心が決まったわ。真っ先に秀逸な脚本に惚れ込んでしまった。テーマも非常にタイムリーだと思った。才能ある女性たちが集結し、重要な物語を伝える良い機会だと思ったわ。

これこそ彼の才能のなせる技で、顔の細部を変えるだけで全体の印象を大きく変えてしまう。そして彼のメークによって私の動作や話し方まで変わってくるの。メーガンの目はあまりに特徴的だけど、彼はみごとにやってのけた。おまけに可能な限り私に負担がないようにしてくれたの

ニコールは私にとって憧れの存在で、つねに刺激を与えてくれる。女優の最高峰だと思う。一度彼女にこの映画について相談したときも「シャーリーズ、私はどこにも行かない。私はここに居る。あなたの味方よ」と言ってくれた。こういう味方がいることはとても心強かった。マーゴットは不屈の精神を備えている。女優としてだけでなくプロデューサーとしてのこれまでのキャリアはとてつもなくすごいと思う。勇敢で尊敬している

撮影し始めの頃にあのシーンを撮影していたら、あそこまで力強いシーンにはならなかったかもしれない。だから、そういう運命だったのだと思う。マーゴットとニコールに私はついていくのがやっとだったわ。あれくらいのレベルの俳優陣と仕事をするには一流のものが求められる。それだけハードルを高く設定する必要があるということよ

一人の女性としてそういった話題にはつねにつきまとわれてきた。生まれてからずっとと言ってもいいかもしれない。ただ今は十年前とはその扱われ方が異なってきている。現在は多くの勇敢な女性たちが自らの経験を共有するようになった。タイムズ・アップ、ミートゥーなどのムーブメントのおかげで、セクハラはシステム全体の問題であり、きちんと向き合う必要があるとみんなが悟っている。だからこそこの映画を今作ることはとてもとても大事なことだった。

また誰かと一緒に暮らすことができるのか、わからない。率直に言えば、彼らはわたしの家の隣に家を買わないといけないかもしれない。本当に、そういうことに再び対処できるかわからないの。そうしたクソったれなことをするには、わたしは年を取りすぎているのよ

全く。孤独だと感じたことは一度もない

現時点でわたしの人生では、恋愛に割く時間があまりない。それはシングルマザーでなくたって達成するのがすごく難しいことだしね。そもそも、わたしにとっては必須のものではないの

みんながやっているようなことを、わたしもやっているわ。メールのやり取りをして楽しんだりもする。だけどそれ以上の関係になれるかはまた別の話だけど

2日前、わたしは2人の娘たちと車の中に居たんだけど、『ママには彼氏が必要なの。恋愛関係が必要なの!』だって。それで説明すると、そんな可能性(恋人がいなくても幸せでいられる)があるなんて考えもしなかったって顔をしていた。本当に驚いていた。あれは彼女が違う可能性もあるってことに気付いた日ね

メーガン・ケリーについては、TVや彼女の発言など多くのことを知っていたので、役をつかむのに時間がかかったわ。でも、彼女の本やインタビューを読んで複雑で傷つきやすい人だとわかり、少し彼女を近くに感じることができました。

メーガンの目は特徴的だからね。そして、彼は見事にやってのけた。おまけに、可能な限り私に負担がないようにしてくれたわ。眼窩から眼球が落ちてしまうんじゃないかと思ったときもあったけれどね。でも、物語に入り込んでもらうためには、観客には一刻も早く私であることを忘れてもらう必要があったから、苦ではなかったわ。

そんな時期にこの脚本に出会えたのは運命であり、実現のために動いてくれた人たちみんなに感謝しています。ただ本作は、勝訴した女性たちをヒーローに見せたり、私が演じるメーガン・ケリーを好きになってもらう映画ではありません。私たちはただ彼女たちの真実の物語を伝えたかった。それについて何を感じ、思うのかは、観客のあなた次第なのです

ニコールは私にとって憧れの存在で、常に刺激を与えてくれています。彼女は女優の最高峰ですね。共演という夢がようやく叶いました。マーゴットは不屈の精神を備えていて、女優としてだけでなくプロデューサーとしてのこれまでのキャリアはとてつもないと思います。勇敢な人で、尊敬しています。

同意はしないし、正当化もしないけど、理解できるわ。彼女はとても邪悪で、求めるものを手に入れるためには、どんな汚い手段も辞さない。その必死さが、逆に悲劇的なのよ。外見がすべて、という女性は実社会にもいるでしょう。自分の価値を全部外見に賭けている。虚栄心だけじゃなく、とにかく若くいたい、美しくありたいと思っている人たちって本当の幸せを理解していないと思う。

特に、そのキャラクターが本物だと思えるときは楽しい。ただ意地悪だったり、わめいたりするだけじゃなく、どうしてこんな行動をとるのか理解できたら、ずっとパワフルに演じられる。“いるいる! こういう人”と思える女性を演じたい。

できるだけ早く捨てる!と即答。うちのバスルームの鏡は十分真実を語ってくれるから。もうこれ以上知りたくない(笑)。

いつもドレスを着てる女性なんていないわ。おしゃれをすればゴージャスになるし、家に帰ればジャージ姿でくつろぐ。絵空事のキャラクターじゃない、本物の女性を演じたいのよ

わかった。私が“バカ野郎”って叫んだら、車を走らせて。

まとめ

今回は「シャーリーズ セロン」の名言・名セリフ集をご紹介しました。
お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。
「シャーリーズ セロン」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。
ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-海外の芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム