YouTuber(ユーチューバー)

【景井 ひな】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:kagei_hina

今回は有名な「景井 ひな」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「景井 ひな」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

景井 ひなとは

1999年(平成11年)2月19日生まれ、熊本県出身。タレント、TikToker。
友人からの勧めで、2019年3月よりTikTokでの投稿を開始。開始から10日間でフォロワー数が10万人を突破し、2020年4月3日の時点で160万人を突破している。開始からまもなくして、現在所属しているホリプロデジタルエンターテインメントよりスカウトされ、「2019年ホリプロデジタルエンターテインメントオーディション HYOGEN」でグランプリを獲得。この時、既にウェディング関連のドレスショップへの就職が内定していたが、これを断り上京。7月10日に同社に所属したことを発表した。
11月27日、28日に東京国際フォーラムに「スマホネイティブ世代の生態とは? 1800万人市場の欲求スイッチは体験と本質。」というテーマの下で開催された「アドテック東京2019」にTikTokクリエイターとして登壇。
2021年6月15日、TikTokフォロワー数700万人を突破し、SNS総フォロワー数女性アカウント国内2位になった。
2021年11月9日、第1回キモノイストを受賞した。

参考:Wikipedia

景井 ひなの名言集

普通のロンTに見えるのですが、IKEAのバッグの持ち手の部分が貼り付けてあるんです。それをオーバーサイズに着ています。

私は、22.5~23cmで足が小さく、中々サイズがなかったので必死に探しました。

欲しいアイテムは、「PERVERZE」というブランドのニットです。

普段ロングスカートは1着しか持っていないくらいなのですが、今回は女の子らしい服装もしてみたいと思っています。

私は普段から独特なデザインの服を着ることが多く、組み合わせ次第ではダサくもなってしまうので、そこはかなり気にしています。

バランスは本当に気をつけます。身長も小さいので、スタイルがよく見えるシルエットにも気を使っています。

ランウェイも初めてですし、こういうモデルのお仕事をさせていただくのも最近になってからなので、全部が初めてで緊張しています。

私はSNSをメインに活動を始めたので、嬉しいお言葉も、厳しいお言葉もダイレクトで届くので。

前に比べたら、外に出た時とかに声をかけていただけるようになったので、そういう時に少しだけ「知ってもらえてるんだ」と思うようになりました。

この仕事をしていても、まだ一般人だった頃の気分は抜けていないです。

楽しいことを続けてきた結果「叶って良かった」「嬉しい」という気持ちです。

一日のホッとする時間に私の動画を見てもらいたいなと思い、毎日19時にしています。

もう全部やってしまったから、また探さなきゃと。毎日ネタ探ししています(笑)

私は基本的に海外の方の動画を見ていて、おすすめ欄も海外の方のものばかりなのですが、その中で日本で流行ってきそうだと思うものはすぐにやっています。

みんなが真似しやすいものとか、学校で簡単に撮れたりするものとか、音源がついつい聞いてしまう癖になるものとかです。

TikTokの中での流行りは3、4日でどんどん変わってくるんですよ。長くても1週間は持たないですね。

「流行りそう」と思うものがあったら「いいね」を付けてチェックしておいて、何時間か後に見てやっぱり伸びていたら私も撮ったりしています。

継続力。何事も続けることだと思います。

途中でやめたり、投げ出していたら、今の自分はなかったと思うので。

TGCに出る夢が叶ったので、今は女優さんを目指して頑張っています。

次のページへ >

スポンサーリンク

-YouTuber(ユーチューバー)

© 2022 名言まとめドットコム