海外の芸能人・タレント

【ウディ アレン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Woody Allen's Official Facebook Page

今回は有名な「ウディ アレン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「ウディ アレン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ウディ アレンとは

1935年12月1日生まれ、アメリカ合衆国の映画監督、俳優、脚本家、小説家、クラリネット奏者である。
1952年、ハイスクール在学中に、アレンはPRの仕事をしている従兄や『ニューヨーク・デイリー・ミラー』、『ニューヨーク・ポスト』などにいわゆる「ハガキ職人」としてギャグを送り始めた。
1955年、同級生の兄ハーヴィ・メルツァーとマネージメント契約を結び、この有能なマネージャーの強烈な推薦で、NBCの放送作家養成プログラムに参加し、アレンはギャグ・ライターと放送作家を並行して行うことになった。
『パット・ブーン・ショー』が打ち切られた1960年から、アレンはスタンダップ・コメディアンとして活動を始めた。
1963年2月には『ニューヨーク・タイムズ』誌が同様の舞台評を書くまでになった。評判を聞き、映画界からのオファーが飛び込み、アレンはその世界へと身を投じた。
1960年代の後半から1970年代にかけて、アメリカの文芸誌である『ニューヨーカー』誌を中心に短篇小説を書いている。

参考:Wikipedia

ウディ アレンの名言集

人生は芸術を手本にしない。質の悪いテレビ番組を手本にするのだ。

成功の80%は、その場に現れること。

自信とは、問題の本質を理解していないときに現れるものだ。

恋愛とはサメのようなものだ。常に前進してないと死んでしまう。

私は速読のクラスを取り、『戦争と平和』を20分で読んだ。ロシアについて書いてあったと思う。

君にとって僕は無神論者だろう。でも神にとって僕は誠実な反対勢力なのだ。

恋をすることは苦しむことだ。苦しみたくないなら、恋をしてはいけない。でも、そうすると、恋をしていないということでまた苦しむことになる。

人生は悲惨かみじめかどちらかでしかない。

人生はみじめさ、孤独、苦しみに溢れている。そしてそれはあまりに早く終わってしまう。

世の中には2種類の人間がいる。善人と悪人だ。安眠できるのは善人のほうだが、起きている時間をはるかに愉しんでいるのは悪人のほうだ。

もし存在なんてものはなく、すべては誰かの夢だったとしたらどうだろう?

時間とは、すべてのことが同時に起きるのを防ぐ、自然の法則である。

僕は現実が嫌いだ。でもおいしいステーキを食べるのにこれ以上の場所はない。

神様は何かわかりやすい啓示をくれるべきだよ!たとえば、スイス銀行に僕名義でお金を振り込んでくれるとかさ。

今まで生きてきて残念に思うことのひとつは、僕が、僕以外の誰か他の人ではないと言うことだね。

死ぬということは、楽に寝そべっていてできるわずかな事柄のうちのひとつである。

私を会員にするようなクラブには入りたくない。

死ぬのは怖くない。ただ事が起こる時、そこに居合わせるのがイヤなんだ。

頭で理解できることに価値はない。

もし神様を笑わせたいのなら、君の将来の計画を神様に話してごらんなさい。

次のページへ >

スポンサーリンク

-海外の芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム