西暦1900年代の偉人

【アレクサンダー グラハム ベル】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Weblio 辞書

今回は有名な「アレクサンダー グラハム ベル」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アレクサンダー グラハム ベル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アレクサンダー グラハム ベルとは

アレクサンダー・グラハム・ベル(Alexander Graham Bell、1847年3月3日 - 1922年8月2日)は、スコットランド生まれの科学者、発明家、工学者。世界初の実用的電話の発明で知られている。

ベルの祖父、父、兄弟は弁論術とスピーチに関連した仕事をし、母と妻は聾だった。このことはベルのライフワークに深く影響している。聴覚とスピーチに関する研究から聴覚機器の実験を行い、ついに最初のアメリカ合衆国の特許を取得した電話の発明(1876年)として結実した。のちにベルは彼のもっとも有名な発明が科学者としての本当の仕事には余計なものだったと考え、書斎に電話機を置くことを断わった。

その後もさまざまな発明をしており、光無線通信・水中翼船・航空工学などの分野で重要な業績を残した。1888年にはナショナルジオグラフィック協会創設に関わった。その生涯を通じて科学振興および聾者教育に尽力し、人類の歴史上もっとも影響を及ぼした人物の1人とされることもある。デシベル (decibel; dB)などに使われる相対単位「ベル」などにその名を残す。

参考:Wikipedia

アレクサンダー グラハム ベルの名言集

(ヘレン・ケラーへ)あなたのこれからの仕事を決めるのは、あなたではないんだよ。わたしたちは、ただ宇宙に支配されている大きな道具に過ぎないのだ。いいかい、ヘレン。自分を一つの型にはめてしまってはいけないんだよ

生きていることは素晴らしい。この世界は面白いことでいっぱいだ

どんな仕事をやりたいか自分で見出して、ただ一心に打ち込むことだ。人より一歩先んじたければ、自分の将来の方針は自分で決めるべきだ

目の前の仕事に専念せよ。太陽光も一点に集めなければ発火しない。

例え小さな発見であっても、それをないがしろにしてはいけない。一つの発見は他の発見へと繋がるのだ。そのうち考えることで頭がいっぱいになり、考えた結果として本当に大きな発見をするのだ。

自分に本当に向いた、本当に心から打ち込める仕事から、働く意欲と励みを見出して、成功への道を踏み出すことだ

扉が閉じたらもう一つの扉が開く。だが、閉じられた扉を悔しそうにじっと見つめていては別の扉が開いたことに気づかない。

この宇宙のパワーが何なのかは説明できません。ただ、それが存在することだけは確かです。

人生とは素晴らしく、興味深いものです。色々な事が起こるものですがたいていは予想していなかったことです。

大気の管理が安全にできる国が、世界を究極的に支配する

何よりもまず、準備を整えることが成功への鍵だ。

人々は皆、人生を歩む中で周りが見えていない傾向があると私は感じる。我々の周りには多くのものがあり、歩くたびに見たことのないものがある、それは今まで見ようとしてこなかったものだ。

問題を見つける力はなんなのか、それは私にもわからない。ただ私にわかっているのは、なにをしたいか正確に知っていて、発明をするまでやめないと決心している時、その力が湧いてくるということだ。

人間には一つの曲がり角があることがはっきり分かっているのですが、果たしてその向こうにどんな思いがけないことが待っているのかさっぱり分からないのです

偉大な発見や改革には常に多くの人の知性による協力が不可欠である。

発明家はこの世界を見回し、現状には満足できないと考える。見たもの全てを進歩させたくなり、この世を便利にしようとする。ある日アイデアが湧き上がり、発明に取り憑かれ、実現化を試みる。発明の精神が彼を支配し、発明の具現化へと向かわせる。

一般的に、人は生まれながらのものに負うところは少ない。人は自分自身を作り上げていくのだ。

神は我々に驚嘆するような道をお与えくださる。人生を目を閉じたまま過ごしてはならない。

人間はすべての動物の中で唯一、動物的欲求の充足だけでは決して満足することない生き物である

1つの目標達成は新たな目標の出発点だ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム