西暦1900年代の偉人

【ヴィンス ロンバルディ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:グリーンベイ・パッカーズの歴史 ロンバルディ

今回は有名な「ヴィンス ロンバルディ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ヴィンス ロンバルディ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ヴィンス ロンバルディとは

ヴィンセント・トマス・ロンバルディ(Vincent Thomas Lombardi、1913年6月11日 - 1970年9月3日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク出身のアメリカンフットボールコーチ。1959年から1967年の9シーズンに渡りNFLグリーンベイ・パッカーズのヘッドコーチを、1969年シーズンにワシントン・レッドスキンズのヘッドコーチを務めた。ヘッドコーチとして通算で105勝35敗6分け、勝率.750(NFLの方針で引き分けは無視)という成績を収め、負け越したことはなかった。彼がパッカーズを率いたポストシーズンでの通算成績は9勝1敗で、その間に5度のリーグチャンピオンシップ優勝を成し遂げ、そして第1回及び第2回スーパーボウルを連破した。ロンバルディの人気は当時リチャード・ニクソンが1968年の大統領選挙においてロンバルディを副大統領候補にしようと思ったといわれたほど高かった。

参考:Wikipedia

ヴィンス ロンバルディの名言集

完璧に到達することはできないだろう。しかし完璧を目指すことによって人は卓越していく。

フットボールチームの一員になることと、他のあらゆる組織の一員になることは、全く同じことだ。軍隊であろうと、政党であろうと、企業であろうと、その目的は勝つことだ。戦いの勝利のみが目的であると言うと、残忍な人間と思われることもあるが、そんなことはない。どの世界にいようが、人は皆、戦っているのだ。そして、居る世界が厳しければ厳しいほど、その者は厳しい戦いを迫られる。いったん、戦いを始めたら、その目的は勝利である。公正に、フェアに戦わねばならないが、その目的はあくまで勝利である。

試合や人生において成功するために必要なのは才能や運ではない。それは集中力と粘り強さだ。

打ちのめされたかどうかではなく、立ち上がったかどうかが大切だ。

練習(work)の前に成功(success)が来るのは辞書だけである。厳しい練習は、成功のために支払わなければならない代償だ。進んで代償を支払うなら、何でもやり遂げられるだろう

組織、集団に対する個人の責任ある貢献が、チームを動かし、会社をうまく動かし、社会をうまく動かし、そして文明をうまく動かしていくのだ

勝利をつかむ者は最後までやめなかった者です。

私が選手に『幸運』を求めることはない。私が選手に求めているものは『準備』である。

どのような分野であろうと人間の価値は自分がやるべき事にどれだけの労力を注ぎ込んだかによって決まる。

成功する人間とそうでない人間の違いは、力の欠如ではない。知識の欠如でもない。意思の欠如である。

成功の対価は困難な仕事である。

自信は伝染する。そして自信のなさも伝染する。

勝利とは時々のことではなく、いつもするべきことだ。正しいことは時々するのではなく、いつもすることだろう

もしも、『100%の運動能力と、50%の勝利への願望を持つ人』と『50%の運動能力と、100%の勝利への願望を持つ人』が居るなら、私は、後者の方を選ぶ。なぜなら、100%の願望を持つものならば毎日の練習にすべての力を注ぎ込むであろうからだ。能力がありながら、勝ちたいという願望を持たない者ならば、いつか、やるべきことを放り出して遊び回るに決まっている。

頭の中が混乱した状態で積極果敢な戦略を展開するなどまず不可能だ。

勝敗は関係ないという人々はなぜスコアをつけるんだい?

大いなる戦いを挑め。たとえ敗北してもそれは輝きに満ちている。

疲労は私たち皆を臆病にする。

我々は負けたのではない。時間が無くなっただけだ。

選手たちが何を望んでいるかを、注意深く観察し、それに答えてやれ。そうすれば、彼らはその報酬として君に『信頼』を与えてくれるだろう。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム