西暦1900年代の偉人

【アンドリュー・カーネギー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:舛田光洋マスダミツヒロ|note

今回は有名な「アンドリュー・カーネギー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「アンドリュー・カーネギー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

アンドリュー・カーネギーとは

アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie、1835年11月25日 - 1919年8月11日)は、スコットランド生まれのアメリカの実業家。

崩れ行く橋を見て着想を得てカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鋼鉄王」と称された。立志伝中の人物であり、ジョン・ロックフェラーに次ぐ史上2番目の富豪とされることが多い。事業で成功を収めた後、教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから、慈善活動家(フィランソロピー)としてよく知られている。1889年の『富の福音』はフィランソロピーを志す人々への啓蒙書となっている。

参考:Wikipedia

アンドリュー・カーネギーの名言集

成功の秘訣は、いかなる職業にあってもその第一人者たることを期することである。

一番確実な方法は、エネルギーのすべてを、特定の分野に注ぎこむやり方だ。

年をとるにつれて、人が言うことには以前ほど注意を払わなくなった。人の行動をただじっと見ることにしている。

よりよい成果が得られるのは、自分が一番好きな仕事をしているときだろう。だから人生の目標には、自分が好きなことを選ぶべきなんだ。

自分の努力で得る富や物はすべて、求めるものについての、簡潔なイメージを持つことから始まる。

自らを助けない者を救おうとしても無駄である。梯子を上る意思のない者を他人が押し上げることはできない。

すべてを自分でやりたがり、すべてを自分の手柄にしたがる人は、偉大なリーダーにはなれない。

強烈な願望を抱いた心は、心の中から恐れや疑いや、自分で課した限界を取り除く。

必要な条件をすべて与えられながら、即座に決断を下すことのできない人は、いかなる決断も下すことはできない。

賢い人は、徹底的に楽天家である。

思考をコントロールできなければ、行いをコントロールすることは出来ない。

成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。

運命がレモンをくれるなら、それでレモネードを作ってみようじゃないか。

失敗にしても、成功にしても、人間が何かを実現できるかどうかは、当人の習慣によって決まるんだよ。

真っ先に学ぶべきは貯金だ。

チャンスに出会わない人間は一人もいない。それをチャンスにできなかっただけである。

文章を書くときは、「頭脳」で書いても「心」で書いても、作家の心の状態が必ず、読者に伝わってしまうものだ。

やる気を持てない人は、月並みに甘んじなければならない。どんなに素晴らしい才能を持っていても、だ。

笑い声のないところに成功はない。

他人の利益を図らずして、自ら栄えることができない。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム