西暦1900年代の偉人

【パール・サイデンストリッカー・バック】の名言集|名言まとめドットコム

金持ちは、いつも恐れているものだ。

真実はいつも刺激的だ。だから、それを語れ。人生は、それなしには退屈だ。

人間は、老境に入ってから後のきわめて短い期間だけだが、青春がまた復活する。

自分の中に、決して涸れることのない泉がある。

愛は強制できず、また、おだてることも、せがむこともできない。それは頼まれも求められもせずに、ただ天上より届くのである。

人生が悲しいということを理解するまでは、幸せになることはできない。

私の心の中には、孤独を過ごす場所がある。そこで私は、決して枯れることのない泉を取り戻すのだ。

仕事が喜びになる秘訣は「卓越」という1つの言葉で表わすことができます。そして、卓越するためには、楽しみながら仕事をすることです。

若い人は、やさしくしてくれませんもの。激しいだけです。

仕事に喜びを見出すことは、若さの泉を発見することである。

奉仕することは美しい。しかしそれは、喜びをもって、心から、自由な気持ちで行われる場合だけだ。

善なる人々の声は悪なる人々の声よりもより数多く、より明瞭でなければならない

あなたは、あたしにやさしくしてくださいました。あたしの一生で、あなたほどやさしい方はありませんでした。たった一人のやさしい方でした。

知らない人とは、これから知り合う人のこと。

頼るもののない人たちへの配慮の仕方というのは、文明社会の試金石となる。

わしたちは、土から生まれて、いやでもまた土へ帰るんだ。お前たちも、土地さえ持ってれば生きてゆける。誰も、土地は奪えないからだ。

不可能だと証明されるまでは、どんなことも可能だ。

ショックを受けるよりむしろ楽しむということを覚える前に、人はきっとかなり年をとってしまうことだろう。

不可能なことがはっきりしない限り、どんなことでも可能なのです。そして不可能であるとはっきりしている場合も、現段階で不可能であるに過ぎません。

生は死よりも強し。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム