西暦2000年代の偉人

【ボビーフィッシャー 】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Former chess champion, Cold War icon Bobby Fischer, dead at 64

今回は有名な「ボビーフィッシャー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ボビーフィッシャー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ボビーフィッシャーとは

ボビー・フィッシャー(Bobby Fischer、1943年3月9日 - 2008年1月17日)は、アメリカ合衆国のチェスプレーヤー。チェスの世界チャンピオン(1972年 - 1975年)。本名ロバート・ジェームズ・フィッシャー(Robert James Fischer)。

冷戦下にソビエト連邦の選手を下し、アメリカ合衆国歴史上、初となる公式世界チャンピオンになったことで、英雄としてもてはやされた。しかし、奇行や反米、反ユダヤ的発言により、反発を買い、「幻の英雄」とも呼ばれている。対ユーゴスラビア経済制裁時に当地で試合をしたことでアメリカ政府に起訴され、滞在中の日本で拘留されたが、以降はアイスランドの市民権を得て余生を送った。

あえてタイトルを放棄したり、試合を拒否したり、あるいは長年に亘って失踪したりするなど、ミステリアスで数奇な人生もよく知られる。チェス960の考案も行った。IQは187。
参考:Wikipedia

ボビーフィッシャーの名言集

チェスは人生

私は人間のエゴを粉々に砕く瞬間が好きだ

私は精神力の98%をチェスに注いでいる。他はわずか2%だ

私は心理学など信じていない。私が信じるのは良い手だ

チェスは盤上の戦争。目的は相手の精神を砕くことだ。

「天才」。それは言葉だ。しかし実際には何を意味する?もし私が勝てば私は天才だ。もし勝てなければ私は違う。

戦術は優れた配置から生まれる

(ボリス・スパスキーとの初戦に敗れた後)自分の計算に落ち度はない。負けたのは気が散るカメラのせいだ

体はベストなコンディションにしておかなければならない。体の状態がチェスにも影響を与えるからだ。頭脳と身体を切り離すことはできないのだ。

今、神とチェスをしたとしても、自分が先手なら引き分けだ

私は世界一のプレイヤーなのかどうか。それを証明するためここにいる。

結果を出さない変わり者は『変人』と言われ結果を出した変わり者は『天才』と言われる。

デートしたいんだ。胸が大きくて、陽気な女性と

僕がこれまでしたいすべてはチェスをすることだ。

君と君の対戦相手はチェス盤を挟んで何かを証明しようとしているんじゃないかな。

チェス盤で重要なのは良い手

僕はスパスキーを恐れてなんかいないよ。みんなそれは知ってるし、それを確かめるために試合なんて必要ない。

勝てなくとも、それは大きな悲劇とはならない。最悪とは、ゲームに負けること

チェスは微妙な判断の問題。いつパンチをするか、どう身をかわすかを知ることの。

自分はチェスの天才ではない、頭脳明晰の天才がチェス界にやってきただけだ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム