西暦2000年代の偉人

【マイケル デル】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:お金の学校

今回は有名な「マイケル デル」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「マイケル デル」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

マイケル デルとは

マイケル・ソール・デル(Michael Saul Dell, 1965年2月23日 - )は、アメリカ合衆国の実業家。デルの創設者にして会長兼最高経営責任者。1984年、19歳の頃に、わずか1,000ドルの資金を元手に学生寮の自室でコンピュータ会社「PC's Limited」を起業。同年に大学を中退し、本格的な会社の経営に乗り出す。
「販売店やディーラーを介さず、注文生産の製品を直接顧客に販売する」というコンピュータ業界初の直販制度を採用したことで会社は急成長を遂げ、1988年には24歳の若さで NASDAQ に株式公開を果たした[4]。同年に社名を「デル・コンピュータ」と改める。1992年に会社はフォーチュン500入りを果たし、デルはフォーチュン500社中最も若い最高経営責任者になった[5]。2003年には製品ラインを拡大し社名を「デル」に改名[6]1998年にベンチャーキャピタル MSD Capital を設立[5]。1999年には、妻スーザンと共にマイケル&スーザン・デル基金を開設し[5]、2006年5月に、母校テキサス大学オースティン校に5,000万ドルの寄付を行った[10]。

参考:Wikipedia

マイケル デルの名言集

私の意思決定にはデータ重視のものと、直感重視のものがある。ただ、感情で決めることはない。最も単純なやり方が最も優れている場合が多い。

最も単純なやり方が、最も優れている場合が多い

次の四半期、次の会計年度、株主を気にすることなく、エネルギーの100%を顧客とパートナーの成功に注ぐことができる。

本当のところ、私にとってはむしろ学生でいることのほうが賭けでした。大学にいる間に、このチャンスを取り逃がすかもしれないんですからね

仕事が上手くいっても、10億分の1秒だけ祝って先に進むのだ。

粘り強さと気骨が大切

デルでは、すべての社員がオーナーなのである。

同じことを続けているだけじゃ、駄目になる

天職が見つかったとか見つからないとか、あるいはまだ探している途上であっても、情熱なくしてはそれを生涯の仕事として駆り立てていくことはできない。

ビックデータではない。ビックな成果、ビック生産性、ビックな競争優位、ビックな成長を

究極のセグメンテーションは、顧客をそれぞれ個別に扱うことである。

僕たちはやるべきことはやったのだから、負けるわけはないですよ

私たちの成功の基礎となったのは、顧客が提供してくれたアイデアやフィードバックなのである。

インターネットはわれわれにとって、夢の実現そのものだ

顧客がどう使うかわからない技術より、求められるサービスを開発することこそ革新。

(将来に対応するITソリューションについて)データセンターのサイロを管理するソフトウェアから、サイロが取り払われ、コンピューティング、ネットワーク、ストレージがソフトウェアが動く1つの箱の中に入る

多くの人が、自分が死んだあと、そのお金についてどうするか思案しているが、そんな事はどうでもいい。自分が今ここにいる間にそのお金をどうやって人の役に立たせることができるか。それが大事なのだ。

われわれはすべての地域で成長している。Dellは最も急速に成功しているIT統合カンパニーだ

speed is everything in this business ー このビジネスではスピードがすべてだ。

ITシンプル化はわれわれの“哲学的戦略”だ

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム