西暦2000年代の偉人

【谷村 新司】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:SHINJI TANIMURA OFFICIAL SITE

今回は有名な「谷村 新司」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「谷村 新司」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

谷村 新司とは

谷村 新司(たにむら しんじ、1948年12月11日 - )は、日本のシンガーソングライター、タレント、作詞家、作曲家、大学教授。アリスのリーダー。大阪府大阪市住之江区の出身で、大阪府河内長野市生まれの大阪市東住吉区桑津育ち。愛称はチンペイ。
血液型はAB型 (ABO)。シスAB型というAB型の9千分の1という珍しい血液型。3人兄姉の次男(兄1人、姉1人)。娘は歌手の谷村詩織。

1992年11月16日、加山雄三と連名でシングル「サライ」を発表。日本テレビ『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のテーマソングとして使用され、現在でも番組を代表する曲として歌い継がれている。

参考:Wikipedia

谷村 新司の名言集

過去はええのよ。人間にあるのは『今』だけ。

どんな場所にいたって不安はあるもの。それなら自分のやりたい場所で、夢を追いかける。

自分がやりたいから引き受ける。自分自身が幸せを感じられることを仕事にする。本来仕事とはそういうものではないでしょうか。

自分のやりたいことを行動に移すかどうか。自分が思っている幸せに向かって、一歩を踏み出すかどうかだけです。

鳥は向かい風の中、飛び立つ。

役目を与えてもらっている喜び。たくさんの人に興味を持ってもらえる立場にいて、大切な何かを伝える役割が自分には与えられている。そのことに対してものすごく感謝する気持ちがあります。

自分で答えを出すしかない。冷たいようですが、気持ちが何かに頼っていると、うまくいかなくなったとき、絶対に誰かのせいにしてしまいます。したがって、自分の気持ちでアクションを起こすことが大事。それが結果的に自分らしく生きることにつながっていく。

ユーモアはヒューマン、すなわち人間性から派生した言葉だ。

自分にとって何が幸福か分からない。そういう人はきっと幸福の輪郭がぼやけているのでしょう。もしそれをはっきりとさせたいのなら、箱の中身を捨ててみることです。

人生と仕事は切り離すことができません。生活するためには働かなくてはいけない。それも何十年という永きにわたって。だからこそやりたいことを仕事にするべきではないでしょうか。

僕らが学んできたことの大半が実は「HOW」なんです。たとえば、音のしくみは学ぶのに、なぜドはドと言うのかは誰も知らない。物事の本質、根本にたどりつくためには、「WHY」と問いかけ、そこを探っていくことが人間にはとても大事なこと。「WHY」と考えなくなったから、一番大事なものが見えなくなっている。

夢は夢だと思った瞬間に夢になるもの。「夢は夢にあらず」というのが僕の人生哲学です。

(理想の教員像)子どもの頃、先生から『こういうふうになれ』と言われるのが嫌だった。自分が学生だったら、どう思うか、を常に考えている。月並みだけど、教えることは教わることだ、と思う

神社に行って、ぼんやりとしたお願いをしても、神様だって困りますよ(笑)。何をどうしたいのか、はっきりとイメージしないと。そしてそこに自分の意志を持つ。そしてそれを信じ続けることです。

もし自分の人生を変えたいと思っているのなら、過去の道のりに執着しないことです。

(訪米中にジャニス・ジョプリンのライブを観る機会にも恵まれ)当時彼女の生演奏に触れることのできた数少ない日本人として幸運

僕らの年齢になると、「オレはこんな感じだから」と自分の形を決めつけて、新たなことに踏み出そうとしなくなってしまう人も多い。でも、そんな自分を一度手放してみると案外面白いし、何かしら気づくことがあるんですよね。カッコつけなくなると、人ってすごくチャーミングになれると思うんです。

シンガーソングライターを志す者にとって、一番大事なことは作品に心を込めるという事。その第一歩として言葉(コトノハ)を学ぶことは、とても重要

これまでの人生、失敗も成功も確かにいろいろあったと思うのですが、実際には失敗なんて一つもないんです。あのとき、失敗したように見えたことがあったから、気づけたことがある。そういうことがわかってくると、人生に失敗なんて実はないということがわかってくると思います。人生、うまくいかないとき、「ここ数年、向かい風続きでまいっている」なんて言うことがあります。でも、それは決して「まいる」ことではなくて、最大のビッグチャンスが来ていることなんです。追い風だったら、飛行機も飛べない。向かい風だからこそ、飛行機も凧も高く上がっていける。つまり、向かい風をつかまえているときは、すごいチャンスなんです。

何がしたいのか。どうなりたいのか。自分にとって仕事の成功とは何を意味するのか。何が自分のせなのか…。まずは、はっきりさせることです。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム