西暦2000年代の偉人

【ジム ロジャーズ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)

今回は有名な「ジム ロジャーズ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジム ロジャーズ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジム ロジャーズとは

ジム・ロジャーズ(Jim Rogers、1942年10月19日 - )は、アメリカ合衆国の投資家。クォンタム・ファンドの共同設立者。ロジャーズ・ホールディングスの会長。アラバマ州出身。

投資手法は保守的な"BUY AND HOLD"ではなく、利益が出る状況に応じてロング(買い持ち)とショート(売り持ち)のどちらでもポジションをとり、投資対象も株式だけでなく通貨・商品と幅広く、また現物取引だけでなく先物取引やオプション取引も行う等、ジョージ・ソロスともに1970年代におけるヘッジファンドの先駆者であった。

参考:Wikipedia

ジム ロジャーズの名言集

皆がやっていることに倣っていたら金持ちになることはめったに望めないだろう。

幸運の女神は努力を続けた者に微笑む。

天井知らずで上がり続けるものなど存在しません。

生きる事は旅する事。旅をする事は生きる事。

もしあなたのアイデアを誰かが笑っているのなら、成功する可能性のサインとみなさい!

低く買い、高く売る。なかなか簡単だろう?問題は何が低く、何が高いかを知ることだ。

メールは相手が誰であっても、できるだけ早く返事を出すようにしています。私の返信が相手にとって、何かしらの手助けになればいいと思っているからです。大切な人のメールはもちろん、それほど親しくない人に対してもすぐに返信することを心がけています。後々どこで関わることになるかわかりませんから。2人の子供たちにも、コンタクトしてきた人にはすぐ返事をするようにと教えています。

私は決して優秀な学生ではなかったからできる限りの知識を得たと思える瞬間まで勉強の手を緩めないと決めました。仕事をやり続ける、学び続けるというのは狂気と紙一重ともいえるくらいのこだわりです。別の言葉に置きかえるなら「粘り強さ」でしょうか。

道徳や社会的なルールだけは守らないといけない。

投資をやっていると、歩みを止めることはできません。常にもっと多くのことを学ぼうとし続けなければならないのです。

自分の目で世界を見て回ることも大切です。私は2度世界一周の旅をして冒険投資家と呼ばれていますがいま、その経験が大いに役に立っています。次は中国の時代が来ると確信したのも、88年にバイクで中国を横断しそこに潜む可能性を肌で感じたからです。テレビや雑誌インターネットで得られる知識や情報に頼ってはいけません。

株式市場がジグザグすると、コモディディ市場がジグザグする傾向がある。

子どもたちや孫たちに中国語を教えなさい。中国語は、彼らの生涯においてもっとも重要な言語になります。

ほとんどの私の考えは、出版できなかった。

じつは、商品と株の強気相場は交互にやってくるのです。つまり株式が上がれば商品が下がり、株式が下がれば商品が上がる。それが18年から20年周期で巡ってくることは、過去をさかのぼれば明らかです。

成功するのは、ねばり強くやり続けられる人だけです。だから諦めてはいけません。

今、どのような変化が起きていて、それがどうやってお金を生み出すかを考えることが大切です

誰もが道はひとつと考えるならば、間違っている可能性が高い。それが間違っていると分かるならば、大金を稼ぐ可能性が高い。

変化に適応できない人は、変化に吹き飛ばされるだろう。変化を認識し反応する人は、利益を得るだろう。

初めの頃の損から多くを学んだ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム