西暦2000年代の偉人

【ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

今回は有名な「ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニアとは

ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア(John Francis "Jack" Welch Jr., 1935年11月19日 - 2020年3月1日)は、アメリカ合衆国の実業家。1981年から2001年にかけて、ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者を務め、そこでの経営手腕から「伝説の経営者」と呼ばれた。

1960年にイリノイ大学で博士号を取得し、同年にゼネラル・エレクトリック社に入社した。最初の年収は1万500ドルだった。自分の専攻が活かせるイリノイ州スコーキの国際鉱物化学薬品に転職しようと早くから退社を考えるが、階級が1つ上の役員であるルーベン・ガトフが「失うのは惜しい」とウェルチを引き止める。1972年に同社の副社長・1977年に上席副社長・1979年に副会長・1981年には同社で最年少の会長兼最高経営責任者となった。1999年には『フォーチュン』誌で「20世紀最高の経営者」に選ばれており、最高時の年収は9400万ドルにも達した。

参考:Wikipedia

ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニアの名言集

余儀なくされる前に、改革せよ。

率直で厳格な評価システム。部下に結果を出しているか、価値観に沿った行動をしているかどうかを知らせるためのもの。

明確な価値観。または行動規範。ミッションを達成するために、どのような行動をすべ貴下の指針を与えるもの。具体的で現実に即したものであればなんでもいい。

戦う以上、勝つことが目的だ。勝てなければ君たちみんなが職を失うことになる。

何もしなければ、いずれ誰か他人にビジネスのやり方を変えられてしまう。ならば、自分達で変えてしまった方が良いに決まっている。

変化する能力そのものが一つの競争優位性である。

長く待ちすぎるより早すぎる行動に価値がある。

穏やかでバランス感覚のある、思慮深いリーダーになろうなどと思っていてはダメだ。

あらゆる仕事に命を吹き込むのは、優れた社員であって、優れた戦略ではない。

(後継者には)私がつくった古い殻の一部を破って新しいことを始めてもらいたい。新しいアイデアを持ち込むとはそういうことだ。

自分の運命は自分でコントロールすべきだ。さもないと、誰かにコントロールされてしまう。

競争優位を持ち合わせていないのなら、競争してはいけない。

ワーク・ライフ・バランスなんてものはない。あるのはワーク・ライフ・チョイスだ。あなたが選択し、その結果が得られる。

企業文化は大きな成果をもたらす。

頂上を目指す途中で、自分を見失ってはいけない。

もしあなたが混乱していないなら、いま何が起きているのか分からないということだ。

良きビジネスリーダーは、ビジョンを創り出し、それを明確な言葉にする。そしてそのビジョンを情熱的に保有し、容赦なくそれを実現に向かわせる人間である。

リーダーに選ばれることは、王冠を与えられることではない。他のメンバーの実力を最大限に発揮させる責任が与えられるのだ。

わたしはインターネットを恐れていた・・・ なぜなら、タイピングができなかったからだ。

直感と言うのは、底深い、たぶん潜在意識化で熟知していることと言えるのではないか。直感をうまく生かすためのコツは、どういうときにそれを信じるかだ。取引案件に関しては直感が当たることが多く、人を採用するとなると当たらないことが多い。直感にはそういう傾向がある

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2021 名言まとめドットコム