西暦2000年代の偉人

【ドリー パートン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:ソニーミュージックオフィシャルサイト

今回は有名な「ドリー パートン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ドリー パートン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ドリー パートンとは

ドリー・レベッカ・パートン(英語:Dolly Rebecca Parton、1946年1月19日 - )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、女優、作家、事業経営者、人道支援家。カントリー・ミュージックの第一人者として知られている。

1999年、カントリー・ミュージックの殿堂に殿堂入りした。これまで3,000曲以上を作曲し、『オールウェイズ・ラヴ・ユー』、『ジョリーン』、『Coat of Many Colors 』、『9 to 5 』、『My Tennessee Mountain Home 』が最もよく知られている。特に1974年の『オールウェイズ・ラヴ・ユー』はカントリーチャート1位を獲得し、のちにホイットニー・ヒューストンにカバーされ世界的にポップ・チャートで大ヒットした。人気曲である『ジョリーン』はホワイト・ストライプスがカバーして いる他、オリヴィア・ニュートン=ジョン版が有名である。またアカデミー賞、グラミー賞、トニー賞、エミー賞の4つのノミネートまたは受賞された希少な人物の1人となっている。

参考:Wikipedia

ドリー パートンの名言集

虹を見たければ、ちょっとやそっとの雨は我慢しなくちゃ。

わたしはエネルギー・ヴァンパイア。みんなのエネルギーを吸い取るわ。でもそれを返してあげるの。

恋っていうのはね、あなたをこれでもかというほど悩ませる天からの贈り物なのよ。

自分がどういう人間であるのかを見出しなさい。そして意識的にそうするのよ。

私たちは自分たちの結婚に本当に誇りを持っている。互いにとって初婚であり、最後の結婚である

生計を立てるために、自分の人生をつくることを忘れてしまうほどに忙しくなってはいけないわ。

もし私がもう1度フェイスリフトを受けるとしたら、髭をつける

わたしは男のように考えるの。女なのは外見だけ。

笑わない人に出会ったら、あなたの笑顔を与えましょう。

わたしは頭の鈍いブロンド女をネタにしたジョークに腹を立てることはないわ。わたしはバカじゃないって知っているから。それにわたしがブロンドじゃないことも知ってるわ。

あなたの人生をかわりに生きてくれる人はいないわ。

風向きは変えられないけど、進みたい方向に帆を調整することはできるわ。

嵐は木々をより深く根づかせる。

わたしが他のこともできるということを人々が受け入れないからといって、自分の可能性を制限するつもりはないわ。

いま歩いている道が気に入らなければ、新しい道を開けばいいのよ。

わたしにとって人生は歌。

試してみる勇気がなければ、たいしたことはできないわ。

ラインストーンの世界において、ダイヤモンドになるのは難しい。

こんなに安っぽく見せるためにたくさんのお金をかけているのよ。

わたしは7年ごとに腰を下ろし、まったく新しい計画を立てるの。

まとめ

今回は「ドリー パートン」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「ドリー パートン」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム