西暦1900年代の偉人

【チャールズ リンドバーグ】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:文春オンライン

今回は有名な「チャールズ リンドバーグ」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「チャールズ リンドバーグ」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

チャールズ リンドバーグとは

チャールズ・オーガスタス・リンドバーグ(英語: Charles Augustus Lindbergh, 1902年2月4日 - 1974年8月26日)は、アメリカ合衆国の飛行家で、ハーモン・トロフィー、名誉勲章、議会名誉黄金勲章の受賞者。1927年に「スピリット・オブ・セントルイス」と名づけた単葉単発単座のプロペラ機でニューヨーク・パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功。1931年には北太平洋横断飛行にも成功した。

大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した時、リンドバーグは25歳であった。飛行距離は5,810kmで飛行時間は33時間半だった。これによりリンドバーグは、ニューヨーク-パリ間を無着陸で飛んだ者に与えられるオルティーグ賞とその賞金25,000ドル、さらに世界的な名声を得た。

参考:Wikipedia

チャールズ リンドバーグの名言集

立ち上がることは座っているのと同じくらい簡単なことだ。

寛容は、平和と力を頼みにした美徳である。

全く危険が無いところで生きてゆくことを望む男がいるだろうか?私は馬鹿げた偶然に賭けるつもりは無いが何かに挑戦することなく成し遂げられることがあるとも思わない。

リスクのない人生なんて生きる価値がない。

私の死後、私の分子は地球と空に還る。分子は星からきたものであり、すなわち私は星なのだ。

世界各国を飛行機で飛回っている間に、最近の自然破壊があまりに激しいのを知り、10年ほど前から、何かやらねばいけないという気持がわいてきて、一番減り方の激しい鯨の保護運動を始めた

茫漠(ぼうばく)とした広がりの中で、私は生命の奇跡を感じる。科学の業績はその陰に隠れ、色褪せ、取るに足りぬものとなる

選ばなければならないのなら、私は飛行機より鳥を持っている方が良いと気付いた。

勇気が必要なのは、打撃を受けた瞬間ではなく、正気と信念、安全に立ち戻るための長い上り坂においてである。

(1941年12月7日に日本との戦争が開始されると)参戦には反対だったが、開戦した以上は祖国への義務を果たしたい

成功は成し遂げた内容によって測られるのではない。その人が出くわした障害の大きさと打ちのめされそうな困難に立ち向かって奮闘を続けた勇気によって測られるのである。

人生は景色のようなもの。あなたは人生の真っ只中に生きているのに、遠く離れた視点からしか人生を説明できないのだから。

私は、私が慕ってきた科学、愛した飛行機が、私が奉仕しようとした文明を破壊したのを見てきた。

(西南太平洋連合国軍による日本兵捕虜の虐殺・虐待をしばしば目撃し、日記に赤裸々に綴っていた)偵察隊の一人が日本兵に煙草と火を与えた。煙草を吸い始めた途端に、日本兵の頭部に腕が巻きつき、喉元が『一方の耳元から片方の耳元まで切り裂かれた』のだった。

私は15回分の人生に相当する十分な世間の注目を集めた。

戦わなければならないのならば、私は戦う。しかし、戦う前に敵に唾を吐きかけるのを私は好まない。

冒険家の命は正確さに依存している

真の自由は、文明の中でなく自然の中にある。

戦時中は、真実はプロパガンダによって常に置き換えられる。

完全無欠の好天候の報告なんて待っていられない。今こそチャンスだ。よし、明け方に飛び出そう!

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム