偉人 曹操

【曹操】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「曹操」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「曹操」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

曹操とは

曹 操(そう そう、拼音:Cáo Cāo、永寿元年(155年) - 建安25年1月23日(220年3月15日))は、後漢末期の武将・政治家。詩人・兵法家としても業績を残した。幼名は阿瞞、また吉利。豫州沛国譙県(現在の安徽省亳州市譙城区)の出身。

後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。廟号は太祖、諡号は武皇帝。後世では魏の武帝、魏武とも呼ばれる。
羅貫中の小説『三国志演義』では敵役・悪役として設定される。

参考:Wikipedia

曹操の名言集

将なる者、ときに、臆病であるべし。いたずらに、勇猛になるべきではない。

そもそも英雄とは大志を抱きどんな時にでも備えられる計を持ち行ってはひるまず、時代に遅れず天地の理を知り万人の指揮に臨む者でなければならん。

大きな仕事を手軽にやってのけるのが、大事を成す秘訣。

天下の知恵を集めて、天下の道理に従って、どうして、天下に、出来ないことがあろうか。

事業は、我がためより、他のためから、出発せよ。

成功には、粘り強さより、大切なものはない。粘り強ければ、いかなる障害も越えられるから。

快楽に溺れる人生ほど、詰らない人生はない。

戦にも負けてみるがいい。敗れて初めて覚り得るものがある。

私は、いかなる逆境も、好機に変える努力をした。

進取なる者が、正義であるとは限らず、正義なる者が、進取であるとは限らない

事業の成功に、奇跡が入る余地はない。永遠の成功とは、自分を信じられること。

月旦を以って、各自、欠点を省みよ。わたしも、必ず、それに、目を通そう。

君に事えてその本を忘れざるは、天下の義士なり。[解]君主に仕えてその本分を忘れないのは、さすがに天下の義士だ。

しかし戦には機というものがある。その機を逃して勝利はありませんぞ。

よろしい。天よ我に百難を与えよ。奸雄ならずとも必ず天下の一雄にはなってみせる。

俺はお前が命をはって守っただけの男になってみせる。

お前の首ひとつで三十万兵士の不平をしずめようというのだ。

機の熟さぬうちにことを行えばかえって害を招く。時機を待つのじゃ。

口に大義をとなえても心に一致するものがなければ同志も同志ではない。

山に会うては道を開き水に遭うては橋を架すこれも戦のひとつであろう。

次のページへ >

-偉人, 曹操

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5