西暦1000年以前の偉人

【カール大帝】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Wikipedia

今回は有名な「カール大帝」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「カール大帝」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

カール大帝とは

カール大帝(カールたいてい、742年/747年/748年4月2日 - 814年1月28日)はフランク王(在位:768年 - 814年)にしてローマ皇帝(在位:800年 - 814年)。初代神聖ローマ皇帝とも見なされる。カロリング朝を開いたピピン3世(小ピピン)の子。フランス語でシャルルマーニュ(Charlemagne)といい、またカール1世(シャルル1世)ともいう。

ドイツ(神聖ローマ帝国およびオーストリアを含めて)フランス両国の始祖的英雄と見なされていることから、ドイツ風の呼び名であるカールとフランス風の呼び方であるシャルルを共に避けて英語読みのチャールズ大帝という表記が用いられることもある。

参考:Wikipedia

カール大帝の名言集

平和なくして、神を喜ばせることはできない

余の務めは、聖なるキリストの教会を作ること

もし、前もって戴冠があることを知っていたら、サン・ピエトロ大聖堂のミサには出席しなかっただろう

二つ目の言語を持つということは、二つ目の魂を持つということだ。

正しい行動は知識だけより良いものだ。しかし、正しいことをするためには、何が正しいか知る必要がある。

全キリスト教徒の支配者にして父、国王にして聖職者、首長にして嚮導者である

まとめ

今回は「カール大帝」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「カール大帝」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1000年以前の偉人

© 2022 名言まとめドットコム