西暦1800年代の偉人

【勝海舟】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:名言+Quotes

今回は有名な「勝海舟」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「勝海舟」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

勝海舟とは

勝 海舟(かつ かいしゅう)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。生誕:文政6年1月30日(1823年3月12日)死没:明治32年(1899年)1月19日(75歳没)
位階は正二位、勲等は勲一等、爵位は伯爵。初代海軍卿。山岡鉄舟、高橋泥舟とともに幕末の三舟と呼ばれる。

10代の頃から島田虎之助に入門し剣術・禅を学び直心影流剣術の免許皆伝となる。安政の改革で才能を見出され、長崎海軍伝習所に入所。万延元年(1860年)には咸臨丸で渡米し、帰国後に軍艦奉行並となり神戸海軍操練所を開設。戊辰戦争時には幕府軍の軍事総裁となり、徹底抗戦を主張する小栗忠順に対し、早期停戦と江戸城無血開城を主張し実現。明治維新後は参議、海軍卿、枢密顧問官を歴任し、伯爵に叙せられた。

参考:Wikipedia

勝海舟の名言集

成長したい時に見る名言8選

いわゆる心を明鏡止水のごとく、研ぎ澄ましておきさえすれば、いついかなる事変が襲うてきても、

それに対処する方法は、自然と胸に浮かんでくる。

戦いに勝とうという者には、とても勝ち戦はできない。

何ごとをするにも、無我の境に入らなければいけない。

大事をなすには寿命が長くなくてはいけないよ。

つらくて貧乏でも、自分で自分を殺すことだけは、しちゃいけないよ。

日が当たっている時は、何をやってもうまくいく。

あてにもならない後世の歴史が、狂と言おうが、賊と言おうが、そんな事は構うものか。

時勢の代わりというものは妙なもので、人物の値打ちが、がらりと違ってくるよ。

勇気が欲しい時に見る名言10選

世に処するには、どんな難事に出逢っても、臆病ではいけない。

さあ、なにほどでも来い。おれの身体が、ねじれるならば、ねじってみろという料簡で事をさばいてゆくときは

難時が到来すればするほどおもしろ味がついてきて、物事は造作もなく落着してしまうものだ。

上がった相場は、いつか下がる時があるし、下がった相場も、いつか上がる時があるもの。

行いは俺のもの、批判は他人のもの。私の知れた事ではない

功名をなそうという者には、とても功名はできない。

みんな敵がいい、敵がいないと何もできず。

大抵物事は内より破れますよ。

勝ちを望めば逆上し措置を誤り、進退を失う。防御に尽くせば退縮の気が生じ乗ぜられる。

何でも大胆にかからねばならぬ。

敵は多ければ多いほど、面白い。

人生に迷った時に見る名言10選

生業に貴賤はないけど、生き方には貴賤がある。

自分の価値は、自分で決めること。

十年、焦らず屈んでおれば、道は必ず開ける。

外交の極意は、誠心誠意にある。ごまかしなどをやると、かえって、こちらの弱点を見抜かれるものだ。

俺はいつも、先ず勝敗の念を度外に置き虚心坦懐事変に対応した。

行政改革というものは、余程注意してやらないと弱い物いじめになるよ。

難しかろうが、易しかろうが、そんな事は考えずに、いわゆる無我の境に入って断行するに限る。

肝心なのは、改革者自身が己を改革する事だ。

いつ松を植えたか、杉を植えたか、目立たないように百年の大計を立てることが必要さ。

急いでも仕方がない。寝ころんで待つのが第一だと思っています。

落ち込んだ時に見る名言6選

事を成し遂げる者は、愚直でなければならぬ。才走ってはうまくいかない。

世の中に無神経ほど強いものはない。

事、未だ成らず、小心翼々。事、まさに成らんとす、大胆不敵。事、既に成る、油断大敵

世の中は生きている、理屈は死んでいる

外国へ行く者が、よく事情を知らぬから知らぬからと言うが、知って行こうというのが良くない。

生死を度外視する決心が固まれば、目前の勢いをとらえることができる。難局に必要なことはこの決心だけだ。

人間関係がうまくいかない時に見る名言9選

人間、数ある中には、天の教えを受ける勘を備えている者がある。

男児世に処する、ただ誠心誠意をもって現在に応ずるだけのこと。

やるだけのことはやって、後のことは心の中で、そっと心配しておれば良いではないか。どうせなるようにしかならないよ。

その人がどれだけの人かは、人生に日が当たってない時に、どのように過ごしているかで図れる。

人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。

世の中は平穏無事ばかりではいけない。少しは不平とか不満とか、騒ぐもののあるほうがよい。

人はみな、さまざまに長ずるところ、信ずるところを行えばよい。社会は大きいのだから、それでなんの不都合もない。

人には余裕というものが無くては、とても大事はできないよ。

世人は、首を回すことは知っている。回して周囲に何があるか、時勢はどうかを見分けることはできる。

だが、もう少し首を上にのばし、前途を見ることを覚えないといけない。

自信がなくなった時に見る名言7選

外国には何も用意しないでフイと行って、不用意に見て来なければならぬ。

機先を制するというが、機先に遅れる後の先というものがある。相撲取りを見てもただちにわかる。

俺など本来、人(生まれ)が悪いから、ちゃんと世間の相場を踏んでいる。

人間の精根には限りがあるから、あまり多く読書や学問に力を用いると、いきおい実務の方にはうとくなるはずだ。

島国の人間は、どこも同じことで、とにかくその日のことよりほかは目につかなくって、五年十年さきはまるで暗やみ同様だ。

もし成功しなければ、成功するところまで働き続けて、けっして間断(かんだん)があってはいけない。

世の中の人は、たいてい事業の成功するまでに、はや根気が尽きて疲れてしまうから大事ができないのだ。

まとめ

今回は「勝海舟」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「勝海舟」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1800年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム