モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー 偉人

【モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディーとは

モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー(1869年10月2日 - 1948年1月30日)は、インドのグジャラート出身の弁護士、宗教家、政治指導者である。
イスラーム地域の分離独立をはじめ、ヒンドゥー教徒を犠牲にしてでもムスリムに譲歩するガンディーは「イスラーム教徒の肩を持つ裏切り者」であるとの理由から暗殺に及んだ。胸腹部に三発の銃弾を受けたガンディーはその場に倒れて死亡、78歳であった。

マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。「マハートマー(महात्मा)」とは「偉大なる魂」という意味で、インドの詩聖タゴールから贈られたとされるガンディーの尊称である(自治連盟の創設者・神智学協会会長のアニー・ベサントが最初に言い出したとの説もある)。また、インドでは親しみをこめて「バープー」(बापू:「父親」の意味)とも呼ばれている。

参考:Wikipedia

モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディーの名言集

握り拳と握手はできない。

束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。逆境があるからこそ、私は走れるのだ。涙があるからこそ、私は前に進めるのだ。

ゴールへ到達しようとの試みにこそ、栄光はある。

明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。

他人に変わって欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。

人間の英知を信用しすぎるのは賢明ではない。強者も弱くなるかもしれないし、賢者も間違うかもしれないと心に留めておくことは健康的である。

重要なのは行為そのものであって、結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、自分の力でどうなるものではなく、生きているうちにわかるとも限らない。だが、正しいと信ずることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ。

人間は、その人の思考の産物にすぎない。人は思っている通りになる。

速度を上げるばかりが、人生ではない。

もし、私にユーモアがなければ、これほど長く苦しい戦いには耐えられなかったでしょう

あなたの夢は何か、あなたが目的とするものは何か、それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう。

多くの犠牲と苦労を経験しなければ、成功とは何かを決して知ることはできない。

強さは肉体的な力から来るのではない。それは不屈の意志から生まれる。

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。

怒りは酸のようなもので、注ぐものにも増して、その器に大きな害を与える

最高の道徳とは、不断に他人への奉仕、人類への愛のために働くことである。

幸福とは、考えること、言うこと、することが調和している状態である。

物事は初めはきまって少数の人によって、ときにはただ一人で始められるものである

喜びとは、勝利それ自体にではなく、途中の戦い、努力、苦闘の中にある。

臆病者は数の力を喜ぶ。しかし、勇敢なる精神をもつ者は、一人戦うことを誇りとする。

次のページへ >

-モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー, 偉人

© 2021 名言まとめドットコム Powered by AFFINGER5