西暦1900年代の偉人

【モーハンダース・カラムチャンド・ガーンディー】の名言集|名言まとめドットコム

毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。そして翌朝目をさますとき、生まれ変わる。

報酬を求めない奉仕は、他人を幸福にするのみならず、我々自身をも幸福にする。

善いことは、カタツムリの速度で動く。

満足は努力の中にあって、結果にあるものではない。

私は固く信じている。すべての善の行動は、最後は必ず実を結ぶ。

死ぬ覚悟が出来ていれば、人は自由に生きられる。

真実はすべて心の中にある。人はそれを探し求め、真実によって導かれなければならない。

臆病な者は愛を表明することができない。愛を表明するとは勇敢さの現れである。

苦闘が多ければ多いほど、勝利は輝かしい。

良心に関しては、多数決の法則は当てはまらない。

平和への道はない。平和こそが道なのだ。

あなたがこの世で見たいと願う変化に、あなた自身がなりなさい。

率直な意志の相違は、進歩を示す健全な兆候だ。

己を知る最高の方法は、人々を助けることに没頭することである。

夕日の神秘や、月の美しさに感動するとき、私の魂は創造主を拝してふくらむ。

目的を見つけよ。手段は後からついてくる。

何か信じるものがあるのに、それに従って生きない人間は信用できない。

祈りによりはじまり、祈りにより終わる。

真の富は健康である。金や銀ではない。

「目には目を」という考え方では、世界中の目をつぶしてしまうことになる。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム