西暦1900年代の偉人

【ライト兄弟】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:名言格言.NET

今回は有名な「ライト兄弟」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「ライト兄弟」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ライト兄弟とは

ライト兄弟(ライトきょうだい、英: Wright Brothers)は、インディアナ州東部の小さな村ミルビル出身、ライト家の三男でオーヴィルの兄のウィルバー・ライト(1867年4月16日 - 1912年5月30日)と、オハイオ州デイトン出身、ライト家の四男でウィルバーの弟のオーヴィル・ライト(1871年8月19日 - 1948年1月30日)。

アメリカ合衆国出身の動力飛行機の発明者かつ世界初の飛行機パイロットの兄弟。世界最先端のグライダーパイロットでもある。自転車屋をしながら兄弟で研究を続け、1903年に世界初の有人動力飛行に成功した。連邦航空局(FAA)が発行するパイロットのライセンスカードの裏面にはライト兄弟の肖像が描かれている。LIFE誌が1999年に選んだ「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選ばれた。

参考:Wikipedia

ライト兄弟の名言集

人類はこれから1000年たっても飛ぶことはできないだろう。

僕たちは朝起きるのが待てなかった

いま正しい事も、数年後間違っていることもある。逆にいま間違っていることも、数年後正しいこともある。

これらの秘密全てが、こんなにも長い間、僕たちが発見できるためだけに隠されてきていたなんて、驚きだとしか言いようがないよ!

もし金儲けに興味を持っていたとしたら、きっと、もっと成功の可能性の高い物に賭けていただろう。

どんな飛行機械も、ニューヨークからパリまで飛ぶことなど、絶対にありえないだろう

私には女房と飛行機両方のために費やす時間はない。

人類は、ちょうど裕福になる時の様に、受け取るものによってよりは貯めたものによって、もっと賢くなる

オウムはよくしゃべるけど、飛ぶのはあまり上手くないよね。

もし私たち全員が真実だと受け入れられていることを本当に真実だとする仮定に基づいて働くなら、進歩の望みはほとんどないだろう

ウィルと私は夢中になれるものがあったので、朝が待ち遠しくて仕方がなかった。それが幸せというものさ。

私がより遠くを見られてきたのは、巨人たちの肩に乗っているからだ。

そして我々は、飛行機はきっと空を飛ぶと確信していた。

飛行機は落ちる時がないから、飛んだままだよ

もし大学の教育を受けていたらもっと簡単に仕事ができただろう。

10人のやる気を起こせれば、ひとりよりも大きなことが成しとげられる。

飛びたいという欲望は、空という無限の高速道路で空間を自由に飛翔する鳥たちを、うらやましげに見ていた私たちの先祖たちによって、受け継がれてきたものなんだ

鳥が長期間滑ることができるならば、それで…どうして私達はできないのですか?

私達は苦難によって多くを学び、そして逆境によって私達の心はよりよくされる

他の何よりも、空を飛ぶ感覚はあらゆる神経を最大限に酷使する興奮と混ざり合った完璧な安らぎのひとつである。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム