海外の芸能人・タレント

【ジゼル ブンチェン】の名言集|名言まとめドットコム

実は私は旅から戻ったときは必ず、旅先で学んだことを子どもに伝えるようにしているの。そして息子が7歳のとき、アフリカから帰国した私は、現地で見た親を亡くした子象の写真を子どもたちに見せたの。

「お母さん、僕はもう、お誕生日プレゼントを受け取らないよ。だってもらったものって、結局は海や埋め立て地に捨てられるんだから」って。息子が自分の意志でそう決めたの。

彼の誕生日会の招待状にはこう書いたわ。「僕にプレゼントを持って来たい人は、その必要はありません。象を助ける活動に賛成する人は、この財団に寄付をしてください」ってね。

私は子どもたちを寝かしつけるとき、必ずお話をするの。例えばドキュメンタリーの撮影のため、10日間アマゾンで過ごした後には、子どもたちに「世界ではこんなことが起きている。人間はこんなことをしているのよ。鉱石採掘のために森を燃やしているの」って。

実際に私の方が彼らから色々と教わり学んでいるから、私は彼らには大人と同じ口調で話しているし、あらゆることを隠さずに伝えている。プラスチックゴミが、動物のお腹の中で見つかった写真も見せてあげたら、きちんと現実を理解したわ。

私が決めているわけじゃないの。ただ子どもたちを教育しているだけ。だから私の息子は、きちんと自分で決められる子になったのよ。「これが今の現実。これからはあなたの選択よ」って。

我が家には男の子が2人、女の子が1人いるから。著書の中では女性性と男性性についても話題にしたわ。結局のところ、私たちはみんな、魂だと思うから。

魂よ。人は心と体でできているでしょう? その体の中にあるものが魂で、男性か女性かなんて関係ない。私たち人間はジェンダーが女か男かにかかわらず、男性性と女性性の両方を持っているの。

力と愛がひとつになれば、これ以上強力で美しい組み合わせはないわ。男性でも女性でも、あなたの本質は魂なのだから。私はいつも、人間は魂を持った存在だと訴えてきたわ。

私の本の利益は100%、植林事業に充てられているわ。我々は一線を越えてしまった、地球を再生しなければという思いが強いの。再生に取り組まなければ、大変なことになってしまうから。

愛情深くてクリエイティブ。それに時速160キロで動く

ラジルのイグアスの滝よ

アイスランドの氷山の上で撮影したことがある。スリップドレスを着て回ったの

「古代史が好き」、「ヘリの操縦ができる」

ストレス解消をしたいときは自然のなかに身を置くのが一番。海の中でもいいし、山登りでもいい、もっと言うなら裸足になって大地を感じるだけでも良い気分転換になるの

私が食べるデザートはアボカドやココナッツをベースとしたもの。というのもこの2つには脳の働きを助ける脂質が含まれているから

瞑想は私の人生のあらゆる場面で役に立っていると思う。特に不安や焦りを感じているとき、精神状態を明快にしてくれて、地に足のついた判断ができるようになるの

メイクが薄いときはいつもより気分が良いの。自分自身がありのままでいられる感じがする。幼少期のころから少しボーイッシュなところがあったから..

タバコも吸うし、ワインもボトル1本、ほかにもモカフラペチーノを3杯飲んだりする。祭日だけは全てを諦めて楽しんでるの(笑)

もうタバコやお酒を飲んで自分を麻痺させることがなくなり、自分が見ようとしていなかったことに前より気づくようになっていった。私が真剣に自分を省みようとしている時に、彼は相変わらずで、自分は孤独だと感じたか? 残念なことに、答えはイエスだったの

次のページへ >

スポンサーリンク

-海外の芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム