海外の芸能人・タレント

【ダスティン ホフマン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:BBC NEWS JAPAN

今回は有名な「ダスティン ホフマン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「ダスティン ホフマン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

ダスティン ホフマンとは

1937年8月8日カリフォルニア州ロサンゼルスにて生まれる。アメリカ合衆国の俳優。
1961年にブロードウェイで初舞台を踏んだ。その後リー・ストラスバーグのアクターズ・スタジオで学び、『The Tiger Makes Out』(1967年)で映画デビューを果たした。
彼の名声は『卒業』(1967年)での、年上の女性と同年代の女性との間で揺れ動く大学生役で高まった。同作の演技でアカデミー主演男優賞ノミネートを受け、また『真夜中のカーボーイ』(1969年)でもノミネートされた。『わらの犬』も話題になった。その後も彼は『パピヨン』『大統領の陰謀』などの名作に出演し、俳優としての地位をゆるぎないものにした。アカデミー賞を受賞した『クレイマー、クレイマー』(1979年)や『レインマン』(1988年)といった作品でも完璧主義者として知られており、それは時にスタッフ間との確執を生み、制作困難を引き起こすこともあった。
2012年には初監督作品『カルテット! 人生のオペラハウス』がトロント国際映画祭で上映された。

参考:Wikipedia

ダスティン ホフマンの名言集

映画のテイクは俳優が失敗する場だ。芸術には失敗の場が必要だ。

演技をするときは、怖い思いをしながら、自分の心の中の嫌な部分、悪魔と握手することがある。

これがあなたの人生なのです。あなたがずっと欲しかったものにするのは「今」です。

常に偏見や差別はあるのさ。なぜなら人は、自分より下の人々がいると考えなければヒーローの資質を持っていることを実感できないからね。

私がゲイだという噂を耳にしはじめた頃、俳優としてついにそれを作ったのです。

人々が失敗について語るのは本当だ。成功から得るものはないからね。

ただ夕陽を眺めることができる人たちがうらやましい。私にとって、バケーションよりひどいものはないからね。

妊娠したり、子供を抱えたり、母乳で育てたりするのがどんなものかを知ることができないのは、だまされたような気がする。

たぎる気力を失ってしまったので、数年前に仕事をやめてしまったんだ。ものを書いたり、たぶん監督をしたりしようと思ってた。とてもひっそりとね。

生命を維持するための2つの基本要素は、日光とココナッツミルクさ。

本を書いて、本を買った。そして、それを映画化して演じ、監督をしているんだ。

「マラソンマン(1976年制作)」を演じたことは私の最高の思い出のひとつだ。

私が俳優になろうと思ったのは、学校で失敗して単位が必要だったからなんだ。

私は、家族の面汚しというほどでもないけど、優秀な学生ではないということを、非常に早い時期に宣言されていたと記憶しています。

監督に対する最高の侮辱は、監督があなたの演技に満足している時に異議を唱えることである。

私が、どんどん老いていく事実は好きではないが、私が、素敵に年を重ねている事実は好きだよ。

人生はつまらないかもしれないが、かといってそれを楽しめないということはない。

批評家の良いレビューは、ただの処刑延期さ。

最悪なのは失敗することじゃない。ある罪を犯す方がもっと悪い。それは自分が傷つかないよう 前にもうまくいった方法で無難に仕事をこなすこと。自分の才能を否定するのは罪だよ。

勤勉だけが取り柄なら蟻と変わるところがない。何のためにせっせと働くかが問題だ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-海外の芸能人・タレント

© 2022 名言まとめドットコム