芸能人・タレント

【和田アキ子】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「 和田アキ子 」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「 和田アキ子 」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

和田アキ子とは

1950年4月10日に生まれる。歌手、タレント、司会者、ラジオパーソナリティを務める。

小学5年生の頃に洋楽に憧れ、15歳の頃からジャズ喫茶やゴーゴークラブで歌い始める。

174cmの長身から発せられるパワフルな歌声は評判を呼び、ホリプロ社長・堀威夫直々にスカウトされる。 デビュー当時のキャッチ・コピーは「和製リズム・アンド・ブルースの女王」。

1968年(昭和43年)10月25日、「星空の孤独」でレコードデビュー。

1970年(昭和45年)、20歳になり『女番長・野良猫ロック』で映画初主演を果たす。また、「笑って許して」でNHK『第21回NHK紅白歌合戦』に出場し、『NHK紅白歌合戦』初出場を果たす。 1

1972年(昭和47年)、「あの鐘を鳴らすのはあなた」で第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞する。 1985年(昭和60年)からTBS『アッコにおまかせ!』の司会を担当する。

参考:Wikipedia

和田アキ子 の名言集

チャンスがあるってことはそれだけ人より努力していかなきゃいけない

関西弁でおかんっていうんですけど死んだ母親の事思い出したりして、歌いながら涙ぐむのは何回かありましたね

本当の意味で詩の重みや詩の内容を語りたくなってきてからだと思います

ひばりさんに「緊張して歌えないんです」って言ったら頭コツンって叩かれて「歌うあんたが緊張したら聴く方はどうすんだよ」って言われて。

歌になるとこれがまぁ、舞台前はコップに入ってる水が飲めないんですね、

歌は緊張しますね

次の世代のミュージシャンたちに扉を開きたいという責任感はあります

最初は想像もつかなかったわけですから、今やれる事の幸せをすごく感じますね

この世界に入ったのはやっぱりレイ・チャールズという人のおかげですから

一番の思い出と言えばね、やはりデビュー30周年のコンサートを東京国際フォーラムでやった時でしょうね。

一緒にコラボレーションできた事が最大の思い出だと思いますね

あれほど迫力あるステージをやれるとは。私もまだまだ頑張らなくては

心に響く歌は、技術や声質が優れているだけではありませんよね。

バラードでも、アップテンポでも、自分の持つすべてで歌うシンガーが、私は好きです

音楽って不思議で、仕事やプライベートでの出会いや別れ、いろいろな体験の大切さが歌うことで身にしみるようになるんです。

20代の私よりも、今の私のほうが1曲1曲の歌詞を深く理解して、皆さんにお届けできるはずです

ヴォイストレーニングにそれまで以上に力を入れました。

長く歌ってきた私の曲にも微妙なピッチのずれが見つかったり。

レイ・チャールズと初めて会ったのが実はニューヨークのブルーノート。生涯忘れない出会いでした

私を表現できる唯一のもの。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム