芸能人・タレント

【天海 佑希】の名言集|名言まとめドットコム

今回は有名な「 天海 佑希 」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「 天海 佑希 」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

天海 佑希とは

1967年8月8日に東京都台東区東上野で生まれる。女優で元宝塚歌劇団月組トップスターである。 中学で演劇部に入り2年生の時に宝塚ファンの担任に勧められ、宝塚歌劇団への入団を志望する。

1985年、宝塚音楽学校に首席で入学する。 雪組公演『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』で初舞台を務める。

1993年に初舞台から7年で月組トップスターに就任する。

1995年12月、28歳の時に『ミー・アンド・マイガール』で退団する。 退団決定後に幾多かの芸能事務所から勧誘があった。石原プロモーション入りを希望したが、男性俳優専門の石原プロ側から断られている。天海の親友が当時在籍していたフライングボックスに所属し、映画やテレビドラマなど、活躍の場を広げた。『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』で共演した唐沢寿明に誘われ、2003年1月1日付けで現在の所属事務所である研音へ移籍する。

参考:Wikipedia

天海 佑希 の名言集

落ち込んでる時間もったいない

歳を重ねていくと若かった頃にできなかった事もできますが、できなくなっていく事も多い。

一人の女性として孤独を背負うということですけど、孤独でもその孤独を是非楽しんで下さい

努力できたということを自信にすればいい

期待に応えられる人間でいたいんです

自分がどこをできないのか、知るだけでも自分にとってはプラスです

努力したということが自分にとって大切なんです

なるべくなら悔いのない人生を送りたいですよね

自分を大切にしつつ、人には迷惑をかけず、責任は自分でとる

挫折することも大事かもしれない。

自分が下した決断が全て正しいと信じています

美しさは、内側から滲み出てくるような気がします

100%を目指して努力し続けることが大事

一生って一回のことだから、必ず最後には全て自分の栄養になる

基本になっているのは、宝塚で教わり、学んできたこと

お仕事が趣味なんです

心、感情を動かす経験を毎日しておいた方がいいですね

泣かないようにしてます

年を重ねるにつれてグレーであることや曖昧であることは決して悪いことじゃないんだと思えるようになりました

自分が誰かと生活を共にするって向いてないと思います

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント

© 2021 名言まとめドットコム