芸能人・タレント、お笑い芸人

【大沢 たかお】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:【大沢 たかお】の名言集

今回は有名な「大沢 たかお」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「大沢 たかお」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

大沢 たかおとは

小沢 仁志(おざわ ひとし)出生地 日本・東京都中野区 生年月日 1962年6月19日
日本の俳優、映画監督、プロデューサー。監督や企画、脚本での名義はOZAWA。BIG MOUNTAIN所属。

2018年6月よりエイベックス・マネジメントと業務提携。2021年現在、『日本統一』シリーズ(川谷雄一 役)、『日本極道戦争』シリーズ(2021年8月25日リリース第十二章で完結)などに出演中。2020年より株式会社クレディア 海洋散骨サービス「おもいやり散骨」イメージモデル。俳優の小沢和義は実弟。
1981年- 駿台学園高等学校卒業。
1983年- 『太陽にほえろ!』〈日本テレビ〉第558話「疾走24時間」に端役で出演 俳優としてデビュー。
1985年- 那須博之監督『ビー・バップ・ハイスクール』で敵役を演じた事がきっかけとなり、同シリーズ三作目『高校与太郎行進曲』(1987年)から主人公二人組(ヒロシ&トオル)の仲間である北高校番長・前川新吾役に扮し、以後、同シリーズの完結編(1988年)まで同役でレギュラーをつとめる。
空手2段、剣道・柔道初段の腕前。
格闘シーンやアクションシーンで47回骨折(手、足、脇腹、鼻など)したことがある。

参考:Wikipedia

大沢 たかおの名言集

何もかも、経験してみなければ分からない。

自ら泥沼にはまっていかないと、いいものはできないし、次の道は開かれていかない。

この仕事は、強さだけじゃなく誰よりも厳しくなくちゃできない。

要領が悪いほうがいいんですよ。そうやってあがいているほうが、いろいろ学べる。

いい作品を懸命につくり続けて、見てくれる人たちが少しでも何か糧としてくれるなら。 それが自分の存在価値ですし、俳優はそこのみだと思います。

「何をお望みで?」 「血沸き肉踊る世界」

人生に年齢って関係ないなと思うんですよね。正直、自分の年齢について考えることってあまりない。

子どもの頃から、とてつもなく生きづらかった。なんでみんな足並みをそろえなくてはいけないんだろうと、違和感しかなくて。

世間で思われているような優しいだけの男だったら、20年以上もこの世界で仕事を続けていくことはできない。

安定と思える路線を行くか、そうでないか。僕はいつも大変なほうに突っ込んでいってしまうんです。そのほうが確実に得られる結果がいいし、成長する。

トンネルの暗闇に入ってしまった経験こそ、後々バネになっている。

顔を知らない人たちから1,800円と人生の中の2時間をいただいて、「これが芸術です」と一方的に映画を見せつける仕事って、ものすごい責任があります。

「のぼっていかなくちゃいけない」という意識は当たり前にあります。明日には自分の代わりになる人間がいっい出てくる世界ですから。

引き受けた限りは、懸命にやります。何となく7割の力でやるのなら、やめたほうがいい。

自分の中の、これが『美しい』とか、根本的な感覚がある。それは妥協できない部分。

ここは譲っちゃいけない、納得できないなというところは曲げません。

適度な道を選ぶと結果もその程度のものになる。

中学を卒業するまで、通知表にずっと書かれていましたよ、協調性なしって。

僕は「一寸先は闇」というところに身を置き続けていきたい。

カテゴリーにはめちゃうと、結局そういう人間になっていってしまう。

次のページへ >

スポンサーリンク

-芸能人・タレント、お笑い芸人

© 2021 名言まとめドットコム