その他有名人

【村上 春樹】小説家の名言集|名言まとめドットコム

引用元:東洋経済オンライン

今回は有名な「村上 春樹」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「村上 春樹」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

村上 春樹とは

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、文学翻訳家。

京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。

日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている。 精力的に、フィッツジェラルドやチャンドラー作品などを翻訳。また、随筆・紀行文・ノンフィクション等も多く出版している。

参考:Wikipedia

村上 春樹の名言集

一般論をいくら並べても人はどこにも行けない。

目に見えるものが、ほんとうのものとは限らない。

遠くから見れば、大抵のものは綺麗に見える。

何かを持ってるやつはいつか失くすんじゃないかとビクついてるし、何も持ってないやつは永遠に何ももてないんじゃないかと心配してる。みんな同じさ。

高く堅固な壁と卵があって、卵は壁にぶつかり割れる。そんな時に私は常に卵の側に立つ。

少しずつ向上する。少しずつだけれど、それでも向上は向上だ。

僕たちは一年ごと、一月ごと、一日ごとに齢を取っていく。時々僕は自分が一時間ごとに齢を取っていくような気さえする。そして恐ろしいことに、それは事実なのだ。

ものごとがあまりに完全だと、そのあとに決まって反動がやってくる。それが世のならいだ。

誰をも抜かないし、誰にも抜かれない。しかしそれでも我々はそんな回転木馬の上で仮想の敵に向けて熾烈なデッド・ヒートをくりひろげているように見える。

インターネットで「意見」があふれ返っている時代だからこそ、「物語」は余計に力を持たなくてはならない。

私が小説を書く理由はひとつだけです。個人的存在の尊厳をおもてに引き上げ、光をあてる事です。

僕らはとても不完全な存在だし、何から何まで要領よくうまくやることなんて不可能だ。不得意な人には不得意な人のスタイルがあるべきなのだ。

僕は逃げられないし、逃げるべきではないのだ。それが僕の得た結論だった。たとえどこに行ったところで、それは必ず僕を追いかけてくるだろう。どこまでも。

僕は違う自分になることによって、それまでの自分が抱えていた何かから解放されたいと思っていたんだ。僕は本当に、真剣に、それを求めていたし、努力さえすればそれはいつか可能になるはずだと信じていた。でも結局のところ、僕はどこにもたどりつけなかったんだと思う。僕はどこまでいっても僕でしかなかった。

耳を澄ませば求めているものの声が聞こえる。目をこらせば求められているものの姿が見える

過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいの場合取りかえしはつく。

僕はこれまでの人生で、いつもなんとか別な人間になろうとしていたような気がする。

何かを持っているやつは、いつかなくすんじゃないかとビクついてるし、何も持っていないやつは、永遠に何も持てないんじゃないかと心配している。みんな同じさ。

人は、本当のところ、 完全な自由に耐えられないと思います。 その自由を、使いこなせない。 けれど、そういう自由を手に入れるために、 自分の思いを集中させて、がんばったりはできる。 そのほうが幸せか

僕は一日は二十三時間しかないんだと決めて生きています

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム