その他有名人

【澤田 秀雄】の名言集|名言まとめドットコム

引用元: HISグループ情報

今回は有名な「澤田 秀雄」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「澤田 秀雄」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

澤田 秀雄とは

澤田 秀雄(さわだ ひでお、1951年2月4日 - )大阪生まれ。日本の実業家。株式会社エイチ・アイ・エス取締役会長。澤田ホールディングス代表取締役会長、エイチ・エス証券取締役会長。2003年3月よりモンゴルAG銀行(現・ハーン銀行)の取締役会長。2010年4月よりハウステンボス社長、2019年5月29日より同会長。2014年8月よりラグーナテンボス取締役会長。
大阪府出身。大阪市立生野工業高等学校を卒業後、1973-1976年まで、旧西ドイツ・マインツ大学に留学。留学中、アルバイトで稼いだ資金を元手に、ヨーロッパ、中東、アフリカ、南米、アジアなど50か国以上を旅行する。帰国後、1980年に上京し新宿西口に旅行会社「株式会社インターナショナルツアーズ」を登録・設立(当初は毛皮の輸入販売を手がける予定であったが、ワシントン条約により頓挫し、業態変更した)。格安航空券販売を中心に、航空券とホテルを組み合わせた個人旅行、パッケージ旅行の販売を手がける。 最初のヒット商品である「インド自由旅行」は、発売時には「インド説明会」という名称だった。消費者に旅のインフォメーションを提供することで、旅行好き仲間に口コミで徐々に広がっていった。

参考:Wikipedia

澤田 秀雄の名言集

一本の木を見つめる細心さと、森全体を見渡す大胆さが大切だ。 

達成感という感動は人間の感性を刺激し、生きがいというパワーを生む。生きる原動力となる。

長年にわたる株式投資の経験で得た私の持論の1つが、「株価は経済の先行指標」です

大手と戦うベンチャー企業は、「ニッチだけどいずれはマスになる」ような市場を見つけなければなりません

「ゴールのないレースは走れない」とよく言います。集団にとって大切なことは、同じ夢とか、同じ目標、志、ゴールを持っていることです。企業にとってそれは企業理念です。

失敗や問題が起きたときほど「死にはしない」と開き直って元気にやることだ。

中途半端なことをやってもお客さんは来ません

世の中の変化は激しい。以前なら10年かかったことも、いまでは数年でがらりと変わります。チェレンジをしないと時代に乗り遅れてしまう。先が見えない激動の時代だからこそ挑戦が必要なのです

失敗してもいいんですよ。失敗も経験値になりますから。失敗体験の中には、新しいものを生み出し、問題点を解決するヒントが必ず隠されています

従業員には「全世界から学べ」と言っています。良いところは全部吸収するのです。

何のために働いているのかというゴールが見えなければ、人は走り続けることはできません。

チャレンジしていく限りは危険がつきものですから、危険はチャンスなり、チャンスは危険なりで裏腹なんです。

人から話を聞く場合、ごまかす可能性があります。その点、数字はウソをつかない。どこにムダがあるのか、どこが弱いのか、どこを強化したらいいのかがわかる

すべての物事には、「陰」と「陽」の二面性があります。ガマンするときなのか、それとも攻めるべきか。冷静に状況を分析して、判断しなければならないのです

みんながハッピーになれる事業は必ず成功する

自信が失せると能力も下がりますから、本当はできることまでできなくなってしまいます。失意泰然と言うように、ピンチのときはたとえ空元気でも明るくどっしりと構えていることが一番なのです。

万人に平等に与えられている1日24時間という時間をいかに過ごすかによって、成果が5倍、10倍、時には100倍にもなる。

私ももちろん不安になることもあります。でも不安になったときこそ、「絶対にできるんだ」と自分に言い聞かせ、それこそ空元気を出し続けました。そうしたら不思議なことに、ものごとはいい方向に進んでいったのです。

自分がいる場所が変われば、見える風景はまったく違うものになる。

念じることによって生じる不思議な力は、念じたその瞬間から働く。古今東西、成就への道は同じだ。歴史もこの瞬間から始まるのである。

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム