その他有名人

【桑田 真澄】高卒2年目で沢村賞受賞!の名言・名セリフ集

引用元:NetDreamers

今回は有名な「桑田 真澄」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「桑田 真澄」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

桑田 真澄とは

桑田 真澄(くわた ますみ、1968年4月1日 - )は、大阪府八尾市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者・野球評論家、プロ野球コーチ。 PL学園高校時代は、清原和博との「KKコンビ」でチームをけん引した。プロ入り後は先発投手として読売ジャイアンツを支え、投手最多タイ記録となるゴールデングラブ賞を8回受賞している。

2007年にピッツバーグ・パイレーツで現役を引退してからは、フリーランスの野球解説者として活動するかたわら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程で修士(スポーツ科学)を取得した。また、指導者講習会を主催する特定非営利活動法人「アミーチ・デル・クオーレ」理事長、ボーイズリーグの麻生ジャイアンツ会長、東京大学運動会硬式野球部の特別コーチのほか、日本野球機構(NPB)「統一球問題における有識者による第三者調査・検証委員会」の特別アドバイザー、PL学園硬式野球部OB会会長を務める。

2021年からは読売ジャイアンツ一軍投手チーフコーチ補佐を務める。

参考:Wikipedia

桑田 真澄の名言集

昔のことは振り返らない。今を精一杯生きる。それが一番いいんじゃないですか

一年間だけではダメです。一生です。僕は一生のスケジュールを立てています。

他人は失ったものに目を向けますが、僕は得たものに目を向けます。

生きる目的は自分を磨くことだと僕は思う。だから試練や困難は、僕に与えられた砥石なんだ。

努力は、嘘をつかない。

結果は大事、でもプロセスはもっと大事。

プラスの中にはマイナスがあるし、マイナスの中にはプラスがある。

野球をやっていれば、スーパースターになりたいって気持ちになってしまうことってあると思う。でも、僕は巨人の二軍で練習していたときも、パイレーツでリハビリしていたときも、エースじゃなきゃやってられないっていうんじゃなくて、野球をやりたいと思っていたから、我慢できたんだ。

出るくいは打たれると言われるけれど、ぼくの場合、地面にめり込んでもなお打たれます。

複雑な気持ちなんて全然ないよ。だって人間、いずれはそうなるわけじゃない。

真夏の暑い時期に一日練習をしたり、メンバーだけしか練習させない学校もあるみたいですね。1000本ノックや1000球投げ込みのような練習も、未だにあると聞いています。同じ野球人として悲しくなりますよね。

みんな同じだよ、時代は流れる。それは自然なことだからね。

人生にマイナスはないですね。マイナスはプラスにするための準備期間だと思います

野球の神様が “まだメジャーは早い。もっと準備をしなさい” と言ってくれたんだと思う

きょうは『うれしい』しかない。夢を実現するチャンスをいただけて、心の中で野球の神様に『ありがとう』と言いました

大物とは他人の評価を気にしない

とにかく、がむしゃらにやれ!

これであきらめるなら、お前の思いはその程度なんだよ。

遠回りしてやることも、素晴らしいこと。

スピードガンなんていらない。粗大ゴミですよ

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム