その他有名人

【長島茂雄】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:日本プロ野球名球会 オフィシャルサイト

今回は有名な「長島茂雄」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている有名人「長島茂雄」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

長島茂雄とは

長島 茂雄(ながしま しげお、1936年〈昭和11年〉2月20日 )は、元プロ野球選手 (内野手)・プロ野球監督。読売ジャイアンツ(巨人)終身名誉監督。日本プロ野球名球会顧問。ジャイアンツアカデミー名誉校長。

千葉県印旛郡臼井町 (現:千葉県佐倉市)出身。

愛称は「ミスタージャイアンツ」「ミスタープロ野球」「ミスター」「チョーさん」「燃える男」他。

巨人軍4番出場試合数最多記録保持者。 国民栄誉賞受賞者。 長きにわたり巨人の4番打者として活躍し、その闘志あふれるプレイと無類の勝負強さで多くの国民を熱狂させた。同時代に活躍した王貞治とはともに「ON砲」として称され、2人のバッティングは巨人のV9に貢献した。日本のプロ野球において400本塁打・2,000安打の同時達成は大卒では史上初である。NPB最多記録となる最多安打を10回獲得、セ・リーグ最多記録となる首位打者を6回獲得。セ・リーグ初の三塁手部門のダイヤモンドグラブ賞(現在のゴールデングラブ賞)を受賞している。大舞台やチャンスに比類なき勝負強さを有していた。

参考:Wikipedia

長島茂雄の名言集

努力は人が見ていないところでするものだ。努力を積み重ねてと人に見えるほどの結果がでる。

スターというのはみんなの期待に応える存在。でもスーパースターの条件はその期待をこえること。

努力していますと練習を売り物にする選手はプロフェショナルとは言えない。なにか一つのことに脇目もふらずに打ち込める時期を持てる人は幸せかもしれない。

いつもずっと思っていることは、現実になっていきます。よいことを常に思っていきましょう。

「サバってどういう字を書くんでしたっけねえ?」と記者に聞き「魚ヘンに青ですよ」と答えたら「魚ヘンにブルーですか」その後、すし屋にたとき「ヘイ、シェフ、サバはフィッシュ偏ににブルーと書くんですよ」

「(マクドナルドを見て)へえ、こっちにも進出しているんだ」「外国人がいっぱいいるな」「英語がうまいなあ」

スランプなんて気の迷いスランプなんて気の迷いふだんやるべきことを精一杯やって土台さえしっかりしていればスランプなんてありえない。ぼくはいつも「オレは絶対に打てる」という気持ちでボックスにたっていますよ。

口惜しかったさ、そりゃもうでも、あれほどいい三振もなかった。あれほど生きた三振というのもなかった。

小さなボールと一本のバットには運命と人生がつまっている。

野球選手には人間関係で悩む暇などない。すべてはバットを振りボールを追いかけることで解決すべきなのだ。

絶対に負けちゃいけない日私はベンチで異常になる。

長嶋茂雄であり続けることは結構苦労するんですよ。

僕は三塁のホットコーナーを守ってやってきた。三塁ベースは僕の恋人です。それが守れなくなったら潔く引退します。

「あしたはきっと良いことがある。」その日、ベストを出しきって駄目だとしても僕はそう信じただ夢中でバットを振りました。悔いはありません。

少なくてもセオリー通りの安全な道ばかり歩いていて生きがいなんか生まれませんよ。ときには冒険も必要です。周囲の批判を恐れず「俺はできるんだ」とやり抜くそれが男のロマンでしょう。

ショービジネスとしてね見せる一つの商売からいきましてね同じ負けでも全くいい負け方であったというイメージを持ってファンには家路についてほしい。

「時間がないんですか?それじゃ、続きはまた来年」

「槇原が緊張するからパーフェクトと言ってはだめだぞ」

来た球を打て!

インフレ流行ってるから、気を付けないとね!

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム