その他有名人

【桑田 真澄】高卒2年目で沢村賞受賞!の名言・名セリフ集

雲の上ではなく、自分の頭の中にピッチングの理想像があります。それに少しでも近づきたい

僕は、ダルビッシュ君のことを天才だと思ってるんです。

200階まで行きたい。エレベーターもエスカレーターもダメとなったら、もう階段しかないでしょう

今まで経験したことのないことを、毎日経験できる。これは最大の楽しみです。

やるか、やらないかですよ、人生は。やればそれだけのものが返ってくるし、やらなければそのままですよ。

どんな選手もいいときばかりではない。打たれても気持ちを切り替え、悪い時を短くし、いい時を長くするのが、プロの世界で生きていくには大事。

人はいろんなことを言うかもしれないけど、僕の人生なんだからカッコ悪くてもいい。僕は野球しかできないし、とにかく野球が好きなんで、最後まで追い続けて、燃え尽きたらボールをそっと置きたいんだ。それを人にカッコ悪いと言われても、自分の人生、自分が納得できればそれでいい。

PL学園もそうでしたが、野球部にもいろいろなしきたりがあるみたいですね。しかし暴力や理不尽な命令は絶対ダメ。野球界には上下関係を履き違えている人が多い。

もともと、野球のルールは教育的ではないからね。僕も、中学生の野球チームを指導しているけど、時々、戸惑うこともあるよ。それに、審判にいちいちアピールしなければ認めてもらえないこともたくさんあるよ…

一球投げるのが復活じゃない。元いた位置に戻ることが僕の復活ですから。

小さいころ、マウンドに立ったら、最後までそこで自分が投げたいと思ったでしょ?僕は今だって、その気持ちなんです。

長い人生の中、常に成長しつづけることができるわけではないが、基本的なことを諦めずにやり続けていると、ある日、努力が報われて急にできるようになりたかったことができるようになる時期が来る。

大事なのは、失敗してもそこから起き上がることだ

目標に向かっていく姿勢がない選手は要らない

常に第一感を忘れるな

格好悪くていい。"格好悪い" とは人の評価だからである。僕は自分が充実した人生を送るために生きているわけで、周囲の人から見て格好いいことをするために生きているわけではない

失敗しても構わない。

がむしゃらな努力は無駄だ

一心不乱に根性だけで練習に没頭したことは一度もなかった。やるべきことを精査し、効率性を重視しながら、練習を積み重ねていた

リハビリを続けて、少し投げられると感じたとき、10mの距離から20球だけのキャッチボールができた。そのとき、僕は小さな夢を叶えたと思った

次のページへ >

スポンサーリンク

-その他有名人

© 2022 名言まとめドットコム