西暦1900年代の偉人

【鈴木貫太郎】の名言集|名言まとめドットコム

俺は帝国の海軍大将だ! お前の今のその答弁は何であるか!

(日清戦争の際、部下に対し)お前たちを殺すような下手な戦さはしない

近来、不幸にして米国においても、また日本においても日米戦争と言う事をしばしば耳にする。しかし、日本は戦ってはいけない。

あのとき、安藤がとどめをささなかったことで助かった。安藤は自分の恩人だ

今日、アメリカがわが国に対し優勢な戦いを展開しているのは亡き大統領の優れた指導があったからです。私は深い哀悼の意をアメリカ国民の悲しみに送るものであります。

いやしくも名将は、特攻隊の力は借りないであろう。

かくなる上は誠にもって畏れ多い極みではありますが、これより私が御前に出て、思召をお伺いし、聖慮をもって、本会議の決定と致したいと存じます。

我々もまたあなた方アメリカ国民の覇権主義に対し今まで以上に強く戦います。

しかし、ルーズベルト氏の死によって、アメリカの日本に対する戦争継続の努力が変わるとは考えておりません。

私は大丈夫です。ご安心下さるよう、お上(昭和天皇のこと)に申し上げてください。

まとめ

今回は「鈴木貫太郎」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「鈴木貫太郎」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2023 名言まとめドットコム