西暦2000年代の偉人

【松任谷由実】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:yuming_official

今回は有名な「松任谷由実」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「松任谷由実」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

松任谷由実とは

松任谷 由実(まつとうや ゆみ、1954年〈昭和29年〉1月19日 - )は、日本のシンガーソングライターである。本名同じ。旧姓名及び旧芸名は、荒井 由実(あらい ゆみ)。

1972年にシングル「返事はいらない」でデビュー。一部企画では、愛称の「ユーミン (Yuming)」名義での活動もある。紫綬褒章受章者(2013年〈平成25年〉)。公式ファンクラブは「Yuming Fan Club」。所属レコード会社はユニバーサルミュージック(旧:EMIミュージック・ジャパン)。血液型はO型。

他のアーティストへの作品提供の際には、本名のほか、グレタ・ガルボをもじったペンネームである呉田 軽穂(くれだ かるほ)を使用する場合もある。

参考:Wikipedia

松任谷由実の名言集

当時の日本のショービズの現場には、演歌で使うような赤と緑のライトくらいしか存在しなかった。だからあの時期、すごく怒っていたような気がする。自分がやらないと何も伝わらないし、何も動かなかったから。やりたいことを実現するには、怒らないと何も始まらなかったから

人生のある一時期目標のために自分を律するという経験を持てた人は素晴らしい。

(3年ほど着物ばかり着ていた時期について)体がキモノに慣れておけば、いざというとき、正々堂々と自分を主張できるはずだと思ったの。ですからそんな、すごい着物を着ていたわけじゃなくてね。銘仙とか紬とか。それを毎日、着てました

「日本の恋と、ユーミンと。」作者からすると少し面映いこのタイトルの奥にあるのは、「私の曲の主人公はいつもあなた自身なのです。」という気持ちです

印税返すから曲返せ!

(松任谷流究極のアンチ・エイジングについて)創作していることです。苦しくても曲を作っていると、自分の中から分泌される何かが、乳液になってるような気がする

(自身も才能の枯渇を感じたことがあるかと聞かれ)あります。何度も(と即答)。それを感じることも才能。どこをテコ入れしたらいいか見つけないといけない。努力して0を1にする。そこからみんなの力を借りて、膨らませられれば次に進める

私も売れない時はタスマニアビーフのサーロインステーキばかり食べてたのよ。

心のスイッチを入れるだけなの。本当に気の持ちようひとつで、周りの風景なんてどうにでもなってしまう。たとえばジョギングしているときに、走っていることさえ忘れてしまうような一瞬がありますよね?そういうときは木々の緑がいつもと全然、違って見える。

(上質なシャンパンは)宝石みたいでめちゃくちゃきれいなんですよ。それを見てダイアモンドダストが立ってますね、と誰かがいった言葉がすごく印象に残ってね。アルバム制作に入って4曲目ぐらい書いたときに、作っている歌の世界とその言葉が重なってきたんです

40代、すごくつらかったんです。ホルモンバランスが不安定だったのか、すごく調子が悪かった。作品やパフォーマンスに影響することはなかったけどね。更年期は大人の思春期、なんですかね。竹の節のように、そこに滞らないと先に伸びないんだろうね

私自身がひとつのジャンルなんですよね。だから、追われる気分もなければ、そういう領域にないのね。自分で基礎工事して作った広いトラックを自分が走っているようなものだから、追うとか追われるとかの話じゃないのね。

もしもそういう増幅回路みたいなものがあるとしたら、それが感受性だと思っているの。映画を観てて、あっと思ったら涙がこぼれてたり、ケガをして血がでたら、あっ血がでてる、ってびっくりしたりすることがあるでしょう。そういうこと、大切にしたい

世の中の波に乗ったからって本物かどうかは別問題ですよね。時代の追い風にのってるだけなのか自分のエンジンでちゃんと走ってるかってこと。

女性アーティストって子供生んじゃうと、子供が最高傑作になってしまうのよね。

(友達から良いと教えてもらったセネガルのテランガというホテルについて)翌朝、窓を開けると、すぐ目の前から大西洋がだーっと広がっていて、そばを通る船の櫓の音と投網の音がして、それがすごくいいの。最高だった

暮れかかる都会の空を 想い出はさすらってゆくの 「あの日にかえりたい」発売から40年です

お洒落でリッチな人間はもっと精神的な所に行くと思いますね。物を持ってるだけで自分のステータスを示せるような幻想からはとっくに離れてる。お金やものに限度があるけどイマジネーションに限度はないから自分の中でバランスのとれたゴージャスというのをやっていきたい

時代が流れる速さを感じながら、自分も同じようにちょっとずつ、でも確実に動いているから、結果的にあまり変わらないように見えるんじゃないのかな

私達と帯電して下さい。二時間程のステージが終わって外に出ても、もう砂鉄には戻らないくらい、私達と帯電して下さい

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム