西暦1900年代の偉人

【リチャード ニクソン】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:リチャード・ニクソンの名言格言10選

今回は有名な「リチャード ニクソン」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「リチャード ニクソン」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

リチャード ニクソンとは

リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon、1913年1月9日 - 1994年4月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。同国第37代大統領(在任:1969年1月20日 - 1974年8月9日)。

デューク大学ロースクール卒業後は弁護士として活躍し、1946年に共和党の政治家に転身。下院議員と上院議員を経て、1953年にドワイト・D・アイゼンハワー政権で第36代アメリカ合衆国副大統領に就任し、1960年アメリカ合衆国大統領選挙ではジョン・F・ケネディに敗れたが、1968年アメリカ合衆国大統領選挙で当選して第37代アメリカ合衆国大統領に就任した。

外交ではベトナム戦争からのアメリカ軍の完全撤退を実現し、当時東西対立の時代にあってソビエト連邦とのデタント(緊張緩和)を実現し、世界があっと驚いた中華人民共和国の訪問など積極的なニクソン外交を展開した。また国内経済が高い失業率・インフレ・不況とドルの信認低下の状況の中で突然ドルの金交換禁止・輸入課徴金導入・物価賃金凍結などの思い切った政策転換を発表し、大統領再選を目指した1972年にウォーターゲート事件を起こし、再選後の1974年に大統領就任に追い込まれて任期中に辞職した唯一のアメリカ合衆国大統領となった。

参考:Wepikedia

リチャード ニクソンの名言集

成功者は、決断を即時に行える習慣をもっているものだ。

リスクを冒さなければ、損害を被ることはない。しかし同時に、勝利を得ることもないのだ。

どの国にとっても平和的に平和を勝ち得る唯一の方法は、他国の傘下に入ることだ。

人間は、負けたら終わりなのではない。あきらめたら、終わりなのだ。

常にベストを尽くすことを忘れるな。落ち込んではいけない。ケチになってはいけない。他人はあなたを憎むかもしれないが、あなたが彼らを憎み、自分自身を台無しにしない限り、彼らが勝利することはない。

才能や能力などではなく、その精神によって、それぞれの人生には大きな差ができる。

議会は倫理について十分な時間を使ってきた。私は彼らが他のことについて議論すべき時がきたと思う。

偉大な指導者は、必ずしも善良な人ではない。

資本主義は思われているよりも上手くいくものだ。しかし、社会主義は実際よりも良いものだと思われている。

成功に満足してはならないし、失敗に落胆してもならない。失敗は悲しいものだが、最大の悲しみは、挑戦して失敗することではなく、まったく挑戦しないことである。

(大統領退任時、ホワイトハウスの閣僚とスタッフに向けて)深い谷の中にいた者だけが、高い山の上に立つことの素晴らしさを知ることができる。

私はなにも間違ったことはしていないし、これから二度とそれをしないと約束する。

大いなる目的に没頭したことがない者は人生の山場を経験していないことになる。何かに没頭することで自分が何者か知ることができる。

喚き立てるのをやめ、我々の声が、言葉が聞こえるほど静かになるまでは、お互いから学ぶことはできません。

まず真実に忠実であることを誓おう。あるがままを見て、そのままを伝えよう。そして、真実を見つけ出し、真実を語り、真実を生きよう。これこそ、これからわれわれが行うことだ。

(ウォーターゲート事件について)大統領がしたことであれば、それは違法にはならない。

偉大な目的に没頭したことがない者は、まだ人生の正念場を経験していないのだ。人は何かに没頭してはじめて、自分が何者か知ることができる。

決して忘れるな。記者は敵だ。官庁は敵だ。学者は敵だ。黒板にそれを100回書いて決して忘れてはいけない。

人々は、自分たちの大統領がペテン師かどうか知るべきだ。ちなみに私はペテン師ではない。私が得たものすべては、自分の手で稼いだものだ。

私の発言について、あなた達があなた達なりの考えを聞いたたのはわかる。しかし、私の言ったことは私の意図とは違う。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム