西暦2000年代の偉人

【植木等】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:NHK人物録

今回は有名な「植木等」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「植木等」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

植木等とは

植木 等(うえき ひとし、1926年12月25日 - 2007年3月27日)は、日本の俳優、コメディアン、歌手、ギタリスト、タレント。「ハナ肇とクレージーキャッツ」のメンバー。仲間内での愛称は「ボンさん」「植木屋」「植木やん」。

国民的スターとして人気を集めた1960年代、活躍の中心は『植木等ショー』をはじめとするバラエティ番組や、『無責任シリーズ』『日本一の男シリーズ』などの東宝映画であった。高度経済成長時代を象徴するコメディアンとして1960年代に一世を風靡し、ギャグも曲をヒットした。長男は作曲家の比呂公一。妹の夫に部落問題研究者の川村善二郎。御木本幸吉は、父方の祖母の親類にあたる。

参考:Wikipedia

植木等の名言集

やらなければならないことと、やりたいことは違う。

こんな歌がヒットするようでは悲しいなぁ

こんなのがヒットするってことは、俺が考えてる日本と本物の日本は違うものなのか

(「スーダラ節」の楽譜を渡されたとき)この曲を歌うと自分の人生が変わってしまうのでは

どん底でも平気だ

お呼びでない?……お呼びでないね。こりゃまた失礼いたしました!

なんでアル? アイデアル

この際カアちゃんと別れよう

分かっちゃいるけどやめられない

いい加減に歌うことの難しさってのを、僕は初めて知った(笑)

オリジナリティーがその人の存在価値。

戦争というものは集団殺人だ。

これでイーヘラ?

ハイ!それまでヨ

役者として年齢的にも経済的にもラクをしたがりそうな時期だったので、これはいかん、それを乗り越えるためには冒険を

だって歌いながら笑ってたでしょ? あんなものを紅白で…

まとめ

今回は「植木等」の名言・名セリフ集をご紹介しました。

お気に入りの名言や心に響く名言は見る人によって変わります。

「植木等」の名言には、今回ご紹介していないものの中にも、まだまだ名言と呼ばれるものが数多く存在するでしょう。

ぜひ自分のお気に入りの名言を見つけてみてください。

スポンサーリンク

-西暦2000年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム