西暦1900年代の偉人

【エドガー アラン ポー】の名言集|名言まとめドットコム

引用元:Edgar Allan Poe

今回は有名な「エドガー アラン ポー」の名言をまとめてみました。聞いたことのある名言から、こんな名言あったの?といったものまで数多く紹介します!誰もが知っている偉人「エドガー アラン ポー」の名言・名セリフには、どんなものがあるのでしょうか?

エドガー アラン ポーとは

エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe、1809年1月19日 - 1849年10月7日)は、アメリカ合衆国の小説家、詩人、評論家。『サザン・リテラリー・メッセンジャー』誌時代より、ポーは短編作品とともに多数のエッセイや書評を自分の勤める雑誌に寄稿しており、存命中は歯に衣着せぬ批評家としてよく知られていた。1830年代から40年代のアメリカ合衆国の文壇はヘンリー・ワーズワース・ロングフェローを中心としたニューイングランド出身の作家たちが中心となっており、その書評・批評は身内びいきのいい加減なものが多かった。このような現状に業を煮やしたポーは文芸批評に「原理」という基準を持ち込み、文学に必要な要素を明らかにしようとしたのである[77]。

参考:Wikipedia

エドガー アラン ポーの名言集

我々が見、あるいは見ていると思う全てのものが、夢の又夢であるに過ぎない。

僕の最後の目的は真実だけだ

ネコのようにミステリアスに書けたらと思う。

この神の心臓とは――いったい何か?それはわれわれ自身の心臓にほかならない。

昼間夢見る人は、夜だけしか夢見ない人には見えない多くのことを知っている。

聖なる存在者は自己の永遠性を自己凝縮と無限の自己拡散との永遠なる反復と化されたのだ。

『どんなことが起ったか』ということよりも、『在ったことのなかで、いままでにまったく起ったことのないのはどんなことか』と尋ねなければならない

ところで、すべてはいのち――いのち――いのちのうちなるいのちであって――小なるものは大なるもののうちにあり、そしてすべては聖霊のうちにあることをゆめ忘れたもうな。

彼らは、異常なことと難解なこととを混同するという、あの大きな、しかしよくある誤ちに陥っているんだ。だが、かりに理性が真相を探してゆくとすれば、ありきたりの面から離れている点こそ問題なんだよ

数学とは、形と量についての科学であり、数学的な知恵とは、形と量についての観察結果に論理学を応用することにほかならない。

いやしくも思考する人間なら、その思考生活の輝かしい一時期に、おのれの魂より偉大な何かの存在を理解し、信じようとして、その無益な努力の荒波にのまれておのれを見失いかけた経験のない者はなかろう。

あの『ガゼット(新聞)』はこの事件の異常な恐ろしさを理解していないようだよ

真理は必ずしも井戸のなかにはない。事実、重要なほうの知識となると、それはいつも表面にあるものだと僕は信じる

我々は今や、偶然を純粋な計算の問題にしている。予測できないもの、想像のつかないものを、学校で教える数式に従わせているのだ。

勝手にしゃべらせておくさ。それでご自分の気が安まるだろうよ。僕は奴さんの城内で奴さんをうち負かしてやったのだから満足だ

卑怯に見えるか、卑怯であるのが必要な時に、それができないのは、本当に勇気のあるものではない。

たいていの人間は自分から見ると、胸に窓をあけているのだ

一瞬の憎しみによって数年分の愛情を忘れるものなのだ

パリの警察は明敏だと褒められているが、ただ小利口なだけなんだよ。彼らのやり方には、ゆきあたりばったりの方法以上に、方法というものがない

おまえは生きているが、生きていなかったときもあるのだ。おまえは創造されたのだ。おまえより偉大な英知が存在するのだ。そしてこの英知の介在によってのみおまえは生きているのだ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1900年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム