西暦1700年代の偉人

【ジャン ジャック ルソー】の名言集|名言まとめドットコム

持っている金は、自由への手段であり、求めている金とは、隷属への手段である。

私達はいわば二回この世に生まれる。一回目は存在するために、二回目は生きるために。

誰であれ赤面すればそれは既に罪である。真の潔白とは一切を恥じぬ事である。

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。

勇気がなければ幸福は得られない。戦いなしには美徳はありえない。

人間とは本質的に善いものであり、堕落しているのは社会のほうである。

苦しみを味わうことがない人間は、人間愛から生まれる感動も快い同情の喜びも知ることはあるまい。

謙遜は人間には当たり前だが、子どもには当たり前でない。謙遜は悪を知ってからでなければ身につかない。

気軽に約束しない人は、もっとも誠実に約束を守る。

過ちを犯すことは恥ずべきことではない。むしろその過ちがわかった後も、その過ちを改めようとしないで、繰り返すのは恥ずかしいことだ。

他人を愛せよ。そうすれば彼らもまた、あなたがたを愛するだろう。彼らの役にたて、そうすれば彼らもあなたがたの役にたつであろう。

ものを知らない人はよくしゃべり、よく知っている人はあまりしゃべらない。

慣習とは反対の道を行け。そうすれば常に物事はうまくいく。

イギリスの人民は自由だと思っているが、それは大まちがいだ。彼らが自由なのは、議員を選挙する間だけのことで、議員が選ばれるやいなや、イギリス人民は奴隷となり、無に帰してしまう。

幸福とは、良い資産、良い料理人、良い消化。

良いラブレターを書くには、まず何を言おうとしているのか考えずに書き始めること。そして、何を書いたのかを知ろうとせずに書き終わらなければならない。

人生の最初の四分の一はその使い道もわからないうちに過ぎ去り、最後の四分の一はまたその楽しさを味わえなくなってから過ぎて行く。しかもその間の期間の四分の三は、睡眠、労働、苦痛、束縛、あらゆる種類の苦しみによって費やされる。人生は短い。

いかなる物でも、自然という造物主の手から出るときは善であり、人間の手に渡って悪となる。

悔恨の情は、得意の折には熟睡し、失意のときには目を覚ますものである。

他人の好みにかなう妻より、自分の好みにかなう妻を求めよ。

次のページへ >

スポンサーリンク

-西暦1700年代の偉人

© 2022 名言まとめドットコム